仕事 の今と昔を比較しよう

  1. 今・昔

仕事 の今昔

今ある人間の仕事のおよそ半分を、AIが奪ってしまう。そう予想するのは、とある有名大学の教授です。彼によれば、この10年で人間の仕事はとても大きく変わるそうです。が、それは今に始まったことではありません。昔は立派な仕事だったものも、今ではなくなってしまったものは多くあります。時代により、どれほど仕事は変わったのでしょう。仕事の今と昔を比べてみました。
 

▼目次
1.バーテンダーがいなくなる?
2.今はもうない昔の仕事
3.これからの時代に必要とされる人

 
仕事

1.バーテンダーがいなくなる?

バーテンダーの仕事がコンピューターに代わられる確率、77%。そんな論文が話題となった英国オックスフォード大学のオズボーンズ准教授。彼によると、「銀行の融資担当者」「苦情処理・調査担当者」などの仕事は、この10年でなくなるそうです。また、702種類の職種を分析した結果、実に47%の仕事がコンピュータ化される可能性が高いと結論づけています。とても寂しい話です。しかし、過去にもそのようなことは多々ありました。
 

2.今はもうない昔の仕事

現代では自動で立てられるボウリングのピン。もちろん機械がなかった時代には、人間が手で立てていました。
電球や電気が普及していなかった時代、街頭は「ガス灯」でした。そのため、それに火をつけるという仕事は欠かせませんでした。
目覚まし時計がなかった時代に活躍した目覚まし人や、電話交換手も、今ではすっかりなくなった職種です。
そして当然のことですが、社会が必要とする仕事が変わるたび、社会が求める人物像も変わりました。
 

3.これからの時代に必要とされる人

何かがなくなることは寂しいことです。しかし、何の理由もなく物事はなくなりません。そしてたいていの場合、何かが失くなる時は何かが生まれているものです。これから先、コンピュータやロボットは、ますます私たちの生活に入り込んでくることでしょう。これは本当に素晴しいことです。コンピュータ化が進めば進むほど、必要とされるのは「コンピュータができないことができる人」です。つまり人間味のある人間です。考えただけでもワクワクしませんか。より自分らしく生きることが求められるのです。そんな時代は、もうすぐそこまで来ています。ぜひ皆さん、自分らしさを自分らしい方法で伸ばしていきましょう。

コンパス、定期配本はじめました。
小説「コンパス」が読めるのはこの本だけ!

「定期配本」について詳しく見る

関連記事

天皇 即位 の今と昔を比較しよう

日本は世界で最も歴史のある国ですから、天皇の御代替わりにも様々な伝統的儀式があります。しかし、今と昔ではその内容や言葉にもいくつか違いが現れ始めています。消えつつある概念…

漢字 の今と昔を比較しよう

今と昔で読み方の変わった漢字はたくさんあります。今回はそんな漢字をご紹介しつつ、ご先祖様が漢字に込めた想いを紐解きます。漢字の今と昔では、何がどう変わったのでしょう。比べ…

音楽 の今と昔を比較しよう

最近の音楽は……と、嘆いている方に進言です。確かに、昔の音楽に慣れている人にとっては、今の音楽は「音楽」とは思えないこともあるでしょう。しかし、音楽が時代と共に変化してい…

お伽話 の今と昔を比較しよう

昔の「桃太郎」は桃から生まれません。一方、最近の「桃太郎」には家来は一匹もいません。今、お伽話の世界に異変が起きています。どれほど大きな異変が起きているのでしょう。お伽話…

循環 型社会の今と昔を比較しよう

フランスでは19世紀になっても糞尿をセーヌ川に垂れ流していました。しかし日本は、江戸時代にはすでに循環型社会を完成させており、糞尿を肥料として再利用し、街に汚物を垂れ流す…

モノの名前 の今と昔を比較しよう

モノの名前 は時代によってコロコロ変わります。昔の呼称では通用しなくなった名前は数え切れません。ですから、要するにソレを何と呼ぶかによって年が明らかになるわけなのですが……