仕事 の今と昔を比較しよう

  1. 今・昔

仕事 の今昔

今ある人間の仕事のおよそ半分を、AIが奪ってしまう。そう予想するのは、とある有名大学の教授です。彼によれば、この10年で人間の仕事はとても大きく変わるそうです。が、それは今に始まったことではありません。昔は立派な仕事だったものも、今ではなくなってしまったものは多くあります。時代により、どれほど仕事は変わったのでしょう。仕事の今と昔を比べてみました。
 

▼目次
1.バーテンダーがいなくなる?
2.今はもうない昔の仕事
3.これからの時代に必要とされる人

 
仕事

1.バーテンダーがいなくなる?

バーテンダーの仕事がコンピューターに代わられる確率、77%。そんな論文が話題となった英国オックスフォード大学のオズボーンズ准教授。彼によると、「銀行の融資担当者」「苦情処理・調査担当者」などの仕事は、この10年でなくなるそうです。また、702種類の職種を分析した結果、実に47%の仕事がコンピュータ化される可能性が高いと結論づけています。とても寂しい話です。しかし、過去にもそのようなことは多々ありました。
 

2.今はもうない昔の仕事

現代では自動で立てられるボウリングのピン。もちろん機械がなかった時代には、人間が手で立てていました。
電球や電気が普及していなかった時代、街頭は「ガス灯」でした。そのため、それに火をつけるという仕事は欠かせませんでした。
目覚まし時計がなかった時代に活躍した目覚まし人や、電話交換手も、今ではすっかりなくなった職種です。
そして当然のことですが、社会が必要とする仕事が変わるたび、社会が求める人物像も変わりました。
 

3.これからの時代に必要とされる人

何かがなくなることは寂しいことです。しかし、何の理由もなく物事はなくなりません。そしてたいていの場合、何かが失くなる時は何かが生まれているものです。これから先、コンピュータやロボットは、ますます私たちの生活に入り込んでくることでしょう。これは本当に素晴しいことです。コンピュータ化が進めば進むほど、必要とされるのは「コンピュータができないことができる人」です。つまり人間味のある人間です。考えただけでもワクワクしませんか。より自分らしく生きることが求められるのです。そんな時代は、もうすぐそこまで来ています。ぜひ皆さん、自分らしさを自分らしい方法で伸ばしていきましょう。

年に1回しか会わないのなら、
30年も余命1ヶ月も同じ。親孝行、しよう。

親子の老後に安心したい方へ

関連記事

「たまご」の今と昔を比較しよう

今では、当たり前のように食卓に並ぶ卵。しかし、卵の歴史を振り返ってみると、昔は身近な食材ではなかったことが分かります。では、どのように移り変わってきたのか。平安時代から江…

お水 の今と昔を比較しよう

水で戦争が起きる。それが知識人の見解です。20世紀は「石油」で紛争が起きた時代でしたが、21世紀は「お水」で戦争が起きるかもしれない、と言うのです。確かに……と思いません…

写真 の今と昔を比較しよう

なぜ昔の写真に写っている人は、気難しい顔をしているのか知っていますか。そもそも、昔は食事会や飲み会で写真を撮ることなどもっての他だったようなのですが、なぜだかご存知ですか…

読書 の今と昔を比較しよう

昔の人は黙読ができなかったそうです。現代では読書は声を出さなさいのが普通ですが、昔の人は読書といえば音読だったようです。他にも今と比べれば、読書の作法は大きく異なります。…

結婚式 の今と昔を比較しよう

今と昔の結婚式では本当に様々な点で違いがあります。昔は失礼に当たることも、今ではそうではない事柄がいくつかあります。また、昔の結婚式では必須だったことも、今ではほぼ見かけ…

お米 の今と昔を比較しよう

昔の日本人はお米を炊きませんでした。蒸して食べていました。それも、正確にはお米ではなく、玄米を蒸して食べていました。しかし、やがて精米した白米を食べるようになり、とある病…