病気(不治の病)の今と昔を比較しよう

  1. 今・昔

病気 の今昔

今と昔の病気を比べると、本当に医療の進化を感じます。昔は不治の病と恐れられた病気も、今では滅多に死に至ることもなく、日常診療においてはほぼ忘れられた病気もあります。昔はどんな病気が恐れられていたのでしょう。今と昔を比べてみました。
 

▼目次
1.偉人の共通点
2.「不治」と呼ばれた病
3.生涯かかり続ける病

 
病気

1.偉人の共通点

武田信玄、沖田総司、高杉晋作、石川啄木、樋口一葉、滝廉太郎。彼らに共通することが何か、皆さんはお分かりになりますか。
 
答えは結核です。結核で亡くなったとされる偉人たちです。結核は、戦後直後の昭和23年~25年において、日本の死因第一位だった病気です(厚生労働省しらべ)。その昔は「不治の病」とも言われ、発症した人はただ死を待つだけの恐ろしい病だったそうです。
 

2.「不治」と呼ばれた病

ハンセン病もまた、同じように不治の病と言われ、昔は病気に対する知識も薄く、法律により強制隔離されたこともありました。しかし、そんな病も医療の進化・公衆衛生の向上などにより、「不治の病」ではなくなりました。少し前までは、がんも不治の病のように言われていましたが、今では決して「不治」ではありません。思い返せば、昔「不治の病」と言われたものは、次々と「不治」ではなくなってきています。
 

3.生涯かかり続ける病

そんな中、遠い昔から今に至って尚、「不治の病」と言われているものがあります。「恋」です。恋は古今東西、「不治の病」です。
病と言うと、多くの方が悪いイメージを抱きます。しかし、病気の元となる細菌やウィルスは、全てが悪者ではありません。例えば、インフルエンザの予防接種。実は、予防接種はウィルスと戦ってくれる細菌やウィルスを体内に入れ込む行為です。
厚生労働省は65歳以上の方を対象に、「高齢者のインフルエンザは重症化することがあります」というリーフレットを作成して、予防接種を勧めています。一方、コンパスは65歳以上に限らず、改めて「恋」を心に接種することを推奨しています。
 
古意、濃い恋、来い。
 
恋をしていると、目に映るもの全てに優しくなれます。目に映らないもの全てを、信じられるようになります。新しい一年、心も身体も健康にお過ごしください。

年に1回しか会わないのなら、
30年も余命1ヶ月も同じ。親孝行、しよう。

親子の老後に安心したい方へ

関連記事

音楽 の今と昔を比較しよう

最近の音楽は……と、嘆いている方に進言です。確かに、昔の音楽に慣れている人にとっては、今の音楽は「音楽」とは思えないこともあるでしょう。しかし、音楽が時代と共に変化してい…

お米 の今と昔を比較しよう

昔の日本人はお米を炊きませんでした。蒸して食べていました。それも、正確にはお米ではなく、玄米を蒸して食べていました。しかし、やがて精米した白米を食べるようになり、とある病…

お水 の今と昔を比較しよう

水で戦争が起きる。それが知識人の見解です。20世紀は「石油」で紛争が起きた時代でしたが、21世紀は「お水」で戦争が起きるかもしれない、と言うのです。確かに……と思いません…

写真 の今と昔を比較しよう

なぜ昔の写真に写っている人は、気難しい顔をしているのか知っていますか。そもそも、昔は食事会や飲み会で写真を撮ることなどもっての他だったようなのですが、なぜだかご存知ですか…

宿(ホテル・旅館)の今と昔を比較しよう

日本では、昔は宿は無料でした。鎌倉時代になっても「宿代」という概念はありませんでした。宿泊料がキチンと請求されるようになったのは、安土桃山時代の「きちん」が始まりです。日…

モノの名前 の今と昔を比較しよう

モノの名前 は時代によってコロコロ変わります。昔の呼称では通用しなくなった名前は数え切れません。ですから、要するにソレを何と呼ぶかによって年が明らかになるわけなのですが……