写真 の今と昔を比較しよう

  1. 今・昔

写真 の今昔

なぜ昔の写真に写っている人は、気難しい顔をしているのか知っていますか。そもそも、昔は食事会や飲み会で写真を撮ることなどもっての他だったようなのですが、なぜだかご存知ですか。今と昔では、写真に対する考えは大きく変わりました。そこで今回は、写真の今と昔の在り方を探ってみました。

▼目次
1.世界初の写真
2.世界初の飲み会写真
3.写真は魂を抜く

写真

1.世界初の写真

世界初の写真は、19世紀初頭にフランス人のニセフォール・ニエプスが撮影した「用意された食卓」(原版が現存する世界最古の写真は、同じく彼の「馬引く男」)です。


引用:ウィキペディア
ニセフォール・ニエプス「用意された食卓」

一方、世界初のねつ造写真は、19世紀中頃、イポリット・バヤールが作りました。彼はルイ・ダゲールというライバルがフランス科学アカデミーに認められると、その背景にあった政治的力を懐疑。自分の溺死死体を装った自殺写真をねつ造し、「こうなったのはダゲールとアカデミーのせいだ!」と抗議します。


引用:http://www.tamabi.ac.jp/MC/mc1/dar/dt/photo/a/008-1.html
イポリット・バヤール「溺死した男」

2.世界初の飲み会写真

今でこそ、飲み会を開けば必ず誰かが写真を撮りますが、昔はそんな発想などありませんでした。また、撮影時間が今と比べてとても長かったため(だから笑顔など維持できるわけもなく)、誰もが気難しい表情をしています。したがって、19世紀半ばに撮影された世界初の飲み会写真はとても画期的でした。写真家のデイヴィッド・オクタヴィアス・ヒルが仲間と楽しんでいるシーンなのですが、皆リラックスして笑顔を浮かべているのです。


引用:https://hyperallergic.com/391648/david-octavius-hill-robert-adamson-scottish-national-portrait-gallery/

3.写真は魂を抜く

昔の日本では「写真は魂を抜く」と恐れられていましたが、今では多くの人がそれを”迷信だ”と思っています。しかし、私はその意見には反対です。現代こそ、写真は魂を抜いています。というのも、今は「いただきます」の前に写真、危険だろうと写真、他人への迷惑を考えず写真。いつでもどこでも写真です。私には、写真に取り憑かれ、魂を抜かれているようにしか見えません。

確かに、美しい思い出は記録しておきたいものです。ただ、やはりマナーは守るべきです。撮影者が魂を抜かれては、魂のこもった写真など撮れません。写真を撮りたい。そんな衝動に駆られても、「いま撮るべきか」と立ち止まれる判断力は持ち続けたいものです。

年に1回しか会わないのなら、
30年も余命1ヶ月も同じ。親孝行、しよう。

親子の老後に安心したい方へ

関連記事

お花見 の今と昔を比較しよう

お花見の始まりは桜ではありませんでした。お花見=宴会になったのも、ここ500年ほど前からです。では、日本人はいつから桜でお花見をするようになり、桜の木の下で宴会を始めるよ…

社会貢献 の今と昔を比較しよう

社会貢献により大きく企業イメージが左右されるアメリカと比べ、日本ではまだまだ「社会貢献」という言葉はカタイ印象を与えています。しかし、日本でも社会貢献は昔から存在していて…

音楽 の今と昔を比較しよう

最近の音楽は……と、嘆いている方に進言です。確かに、昔の音楽に慣れている人にとっては、今の音楽は「音楽」とは思えないこともあるでしょう。しかし、音楽が時代と共に変化してい…

お水 の今と昔を比較しよう

水で戦争が起きる。それが知識人の見解です。20世紀は「石油」で紛争が起きた時代でしたが、21世紀は「お水」で戦争が起きるかもしれない、と言うのです。確かに……と思いません…

漢字 の今と昔を比較しよう

今と昔で読み方の変わった漢字はたくさんあります。今回はそんな漢字をご紹介しつつ、ご先祖様が漢字に込めた想いを紐解きます。漢字の今と昔では、何がどう変わったのでしょう。比べ…