モノの名前 の今と昔を比較しよう

  1. 今・昔

モノの名前 の今昔

モノの名前は時代によってコロコロ変わります。昔の呼称では通用しなくなった名前は数え切れません。ですから、要するにソレを何と呼ぶかによって年が明らかになるわけなのですが……とにかく、今と昔でモノの名前がどう変わったのか比べてみました。
 

▼目次
1.ジェネレーション・ギャップ
2.昔と呼び方が変わったモノ
3.クイズ

 
モノの名前 電話ボックス
 

1.ジェネレーション・ギャップ

松本市の会社役員60代男性の話です。孫が怪談好きと聞き、つい先日、孫に電話ボックスの怖い話をしてあげたそうです。しかし話し始めてすぐ、孫にこう言われたそうです。
「ねえ、電話ボックスって何?」
確かに、電話ボックスは本当に見かけなくなりました。
 
今度は50代男性の話です。同じ会社で働く若い女性がこう言うのを聞いて、一瞬困惑したそうです。
「あ~あ、パンツ汚れちゃった」。
そうです。今では「パンツ」は下着ではなく、ズボンを意味することが多くなりました。
 
このように、昔慣れ親しんだモノがなくなったり、名前が変わったりしたものはたくさんあります。そこで、今回は昔と呼び方が変わったモノを色々集めてみました。
 

2.昔と呼び方が変わったモノ

今の若者は「チャック」とはあまり言わないようです。「ファスナー」と言うようです。ただ、「お口にファスナー」は聞いたことがないですが。
 
「スパゲッティ」も聞かなくなりました。「パスタ」です。同様に「イタメシ」も聞かなくなりましたが、こちらは死語になりつつあるようです。「イタリアン」が一般的です。
 
「アベック」。これは、若者の間では使うと恥ずかしい言葉のようです。今は「カップル」と言うのが普通です。
 
どの言葉を使うか。その基準が全て「今時かどうか」ではないと思います。しかし、慣れておくべき言葉はあります。その代表格が「アスリート」。「選手」を意味するのですが、NHKでも多用されているので。
 

3.クイズ

最後に、これから先、何年経っても必ず昔と呼び方が変わるものを。それは「未来」です。昔に「未来」と呼んでいたものは、今になれば必ず「今」と呼びます。時の流れと共に変化するものはたくさんあります。編集部では、随時そういった話題を募集しています。お気軽にご投稿ください。お待ちしています。

年に1回しか会わないのなら、
30年も余命1ヶ月も同じ。親孝行、しよう。

親子の老後に安心したい方へ

関連記事

七五三 の今と昔を比較しよう

七五三は伝統行事です。しかし、今の七五三と昔の七五三では色々と異なる点があります。まずは目的。本来、七五三は子供の「成長」をお祝いする行事ですが、最近の七五三は子供の「可…

病気(不治の病)の今と昔を比較しよう

今と昔の病気を比べると、本当に医療の進化を感じます。昔は不治の病と恐れられた病気も、今では滅多に死に至ることもなく、日常診療においてはほぼ忘れられた病気もあります。昔はど…

仕事 の今と昔を比較しよう

今ある人間の仕事のおよそ半分を、AIが奪ってしまう。そう予想するのは、とある有名大学の教授です。彼によれば、この10年で人間の仕事はとても大きく変わるそうです。が、それは…

宿(ホテル・旅館)の今と昔を比較しよう

日本では、昔は宿は無料でした。鎌倉時代になっても「宿代」という概念はありませんでした。宿泊料がキチンと請求されるようになったのは、安土桃山時代の「きちん」が始まりです。日…

音楽 の今と昔を比較しよう

最近の音楽は……と、嘆いている方に進言です。確かに、昔の音楽に慣れている人にとっては、今の音楽は「音楽」とは思えないこともあるでしょう。しかし、音楽が時代と共に変化してい…

結婚式 の今と昔を比較しよう

今と昔の結婚式では本当に様々な点で違いがあります。昔は失礼に当たることも、今ではそうではない事柄がいくつかあります。また、昔の結婚式では必須だったことも、今ではほぼ見かけ…