七五三 の今と昔を比較しよう

  1. 今・昔

七五三 の今昔

七五三は伝統行事です。しかし、今の七五三と昔の七五三では色々と異なる点があります。まずは目的。本来、七五三は子供の「成長」をお祝いする行事ですが、最近の七五三は子供の「可愛らしさ」をお祝いしているようみ見受けられます。今の七五三と昔の七五三はどこがどう変わったのでしょう。比べてみました。
 

▼目次
1.いまの七五三の「いつ」
2.「前撮り」という考え方
3.七五三の服装

 
七五三 の今昔

1.いまの七五三の「いつ」

七五三 は、「髪置き(男女とも3歳)」「袴着(男子5歳)」「帯解き(女子7歳)」の儀式に由来し、伝統的には、男子は3歳と5歳、女子は3歳と7歳にお祝いします。お祝いする年齢は、長寿のお祝いと同様、本来は数え年です。が、今は満年齢でのお祝いも増えています。数え年で3歳といえば、2歳になりたての子もいます。そういった子の負担を考えてのことのようです。お参りする日にちは、ほとんどの家庭が11月15日にはこだわらず、10、11月の都合のいい日にお参りします。
 

2.「前撮り」という考え方

今時の七五三は、記念撮影をとても重要視します。撮影だけして、参拝しない家庭もあるほどです。撮影は、衣装を格安でレンタルしてくれることもあり、多くの家庭は専門の写真店に依頼します。しかし、七五三当日に撮影する家庭は少数です。七五三当日はやるべきことが目白押し。肝心の撮影時には子供が疲れきっていて、撮影がままならないこともしばしば。そこで、今や常識となりつつあるのが「前撮り」です。参拝前の別日に撮影だけ済ませてしまうのです。こうすれば、子供も元気に笑顔で撮影に臨め、いい写真ができあがる。そんな点が人気の要因の一つのようです。
 

3.七五三の服装

子供の服装は、今も和装が主流です。しかし近年、前撮りが浸透しつつあることから、撮影は和装、お参りは洋装、という家庭が増えています。お参りや食事は、慣れていて動きやすい格好で。そんな親心の現れのようです。
 
七五三は、子供の成長を祝う日本の伝統行事です。最近は身内だけで済ませてしまう傾向が強いようですが、少子化が進む現代だからこそ、皆に披露して、皆でお祝いする大切さを忘れないでいたいものです。

年に1回しか会わないのなら、
30年も余命1ヶ月も同じ。親孝行、しよう。

親子の老後に安心したい方へ

関連記事

社会貢献 の今と昔を比較しよう

社会貢献により大きく企業イメージが左右されるアメリカと比べ、日本ではまだまだ「社会貢献」という言葉はカタイ印象を与えています。しかし、日本でも社会貢献は昔から存在していて…

お水 の今と昔を比較しよう

水で戦争が起きる。それが知識人の見解です。20世紀は「石油」で紛争が起きた時代でしたが、21世紀は「お水」で戦争が起きるかもしれない、と言うのです。確かに……と思いません…

お花見 の今と昔を比較しよう

お花見の始まりは桜ではありませんでした。お花見=宴会になったのも、ここ500年ほど前からです。では、日本人はいつから桜でお花見をするようになり、桜の木の下で宴会を始めるよ…

モノの名前 の今と昔を比較しよう

モノの名前 は時代によってコロコロ変わります。昔の呼称では通用しなくなった名前は数え切れません。ですから、要するにソレを何と呼ぶかによって年が明らかになるわけなのですが……

宿(ホテル・旅館)の今と昔を比較しよう

日本では、昔は宿は無料でした。鎌倉時代になっても「宿代」という概念はありませんでした。宿泊料がキチンと請求されるようになったのは、安土桃山時代の「きちん」が始まりです。日…