お伽話 の今と昔を比較しよう

  1. 今・昔

お伽話 の今昔

今、お伽話の世界に異変が起きています。例えば「桃太郎」。実は、現代の桃太郎には家来は一人もいません。生き物はみんな対等だから、だそうです。しかし、お伽話が変わることは昔からよくあったことです。実際、昔の「桃太郎」は桃から生まれません。様々な事情から、桃から生まれることになったのです。今のお伽話は、昔のお伽話からどれほど変わってしまったのでしょう。今と昔を比べてみました。
 

▼目次
1.桃太郎といえば
2.これが今の「桃太郎」
3.世相が反映されるおとぎ話

お伽話 の今昔

1.桃太郎といえば

「桃太郎」といえば、大方こんな話を思い出すのではないでしょうか。
桃から生まれた桃太郎。鬼退治に出かけようと旅に出る。道中、イヌ、サル、キジに出会い、お婆さんからもらったキビ団子をあげて家来にする。鬼ヶ島で鬼退治に成功すると、鬼たちが奪った金品財宝を持ち帰り、お爺さんお婆さんと、いつまでも幸せに暮らしたとさ。
いかがでしょう。細部は違っても、たいていこんな感じかと思います。しかし今、この物語に異変が起きているのです。
 

2.これが今の「桃太郎」

実は、今の「桃太郎」に家来は一人も登場しません。いえ、イヌ、サル、キジは登場します。しかし、あくまで対等な「仲間」として登場します。決して「家来」ではありません。
きび団子も登場します。が、イヌ、サル、キジは、きび団子につられたわけではなく、自発的に鬼退治に参加します。鬼ヶ島までは、イヌとサルと桃太郎が交代で舟をこぎます。超過勤務を避けるためです。そして、鬼が奪った宝物も持ち帰りません。横領罪に問われるからです。ちゃんと全部を持ち主に返還します。
 

3.世相が反映されるおとぎ話

最近の世の中はどうなっとるんだ!そんな声が聞こえてきそうです。が、少し待ってください。実は、おとぎ話は時折変わっているのです。
「桃太郎」もその一つ。江戸時代に一般的だった桃太郎は、何と桃から生まれません。桃を食べて若返ったお爺さんとお婆さんとの間に、普通に生まれます。それが明治初期、子供への配慮の結果、桃から生まれるようになりました。
桃太郎に限りません。全ては時代に合わせて変化します。だから、今が「善」であるものも、いずれ「悪」になるかもしれません。ひょっとすると、芥川龍之介・著「桃太郎」のように、桃太郎が悪、鬼が善、という話が主流となる時代が来るかもしれません……くわばらくわばら。

年に1回しか会わないのなら、
30年も余命1ヶ月も同じ。親孝行、しよう。

親子の老後に安心したい方へ

関連記事

宿(ホテル・旅館)の今と昔を比較しよう

日本では、昔は宿は無料でした。鎌倉時代になっても「宿代」という概念はありませんでした。宿泊料がキチンと請求されるようになったのは、安土桃山時代の「きちん」が始まりです。日…

七五三 の今と昔を比較しよう

七五三は伝統行事です。しかし、今の七五三と昔の七五三では色々と異なる点があります。まずは目的。本来、七五三は子供の「成長」をお祝いする行事ですが、最近の七五三は子供の「可…

病気(不治の病)の今と昔を比較しよう

今と昔の病気を比べると、本当に医療の進化を感じます。昔は不治の病と恐れられた病気も、今では滅多に死に至ることもなく、日常診療においてはほぼ忘れられた病気もあります。昔はど…

アイス

アイス の今と昔を比較しよう

アイスは旧約聖書に登場するほど、非常に昔からある食べ物です。しかし、当時のアイスは現在の嗜好品的位置付けではなく、健康食品的な存在だったようです。いったい、アイスはどのよ…

写真 の今と昔を比較しよう

なぜ昔の写真に写っている人は、気難しい顔をしているのか知っていますか。そもそも、昔は食事会や飲み会で写真を撮ることなどもっての他だったようなのですが、なぜだかご存知ですか…