お伽話 の今と昔を比較しよう

  1. 今・昔

お伽話 の今昔

今、お伽話の世界に異変が起きています。例えば「桃太郎」。実は、現代の桃太郎には家来は一人もいません。生き物はみんな対等だから、だそうです。しかし、お伽話が変わることは昔からよくあったことです。実際、昔の「桃太郎」は桃から生まれません。様々な事情から、桃から生まれることになったのです。今のお伽話は、昔のお伽話からどれほど変わってしまったのでしょう。今と昔を比べてみました。
 

▼目次
1.桃太郎といえば
2.これが今の「桃太郎」
3.世相が反映されるおとぎ話

お伽話 の今昔

1.桃太郎といえば

「桃太郎」といえば、大方こんな話を思い出すのではないでしょうか。
桃から生まれた桃太郎。鬼退治に出かけようと旅に出る。道中、イヌ、サル、キジに出会い、お婆さんからもらったキビ団子をあげて家来にする。鬼ヶ島で鬼退治に成功すると、鬼たちが奪った金品財宝を持ち帰り、お爺さんお婆さんと、いつまでも幸せに暮らしたとさ。
いかがでしょう。細部は違っても、たいていこんな感じかと思います。しかし今、この物語に異変が起きているのです。
 

2.これが今の「桃太郎」

実は、今の「桃太郎」に家来は一人も登場しません。いえ、イヌ、サル、キジは登場します。しかし、あくまで対等な「仲間」として登場します。決して「家来」ではありません。
きび団子も登場します。が、イヌ、サル、キジは、きび団子につられたわけではなく、自発的に鬼退治に参加します。鬼ヶ島までは、イヌとサルと桃太郎が交代で舟をこぎます。超過勤務を避けるためです。そして、鬼が奪った宝物も持ち帰りません。横領罪に問われるからです。ちゃんと全部を持ち主に返還します。
 

3.世相が反映されるおとぎ話

最近の世の中はどうなっとるんだ!そんな声が聞こえてきそうです。が、少し待ってください。実は、おとぎ話は時折変わっているのです。
「桃太郎」もその一つ。江戸時代に一般的だった桃太郎は、何と桃から生まれません。桃を食べて若返ったお爺さんとお婆さんとの間に、普通に生まれます。それが明治初期、子供への配慮の結果、桃から生まれるようになりました。
桃太郎に限りません。全ては時代に合わせて変化します。だから、今が「善」であるものも、いずれ「悪」になるかもしれません。ひょっとすると、芥川龍之介・著「桃太郎」のように、桃太郎が悪、鬼が善、という話が主流となる時代が来るかもしれません……くわばらくわばら。

年に1回しか会わないのなら、
30年も余命1ヶ月も同じ。親孝行、しよう。

親子の老後に安心したい方へ

関連記事

歴史の教科書 の今と昔を比較しよう

あなたの知っている歴史は古い?歴史の教科書からは聖徳太子が消え、大化の改新は「蒸しご飯」の645年ではなくなっています。今、いったい歴史の教科書に何が起きているのでしょう…

音楽 の今と昔を比較しよう

最近の音楽は……と、嘆いている方に進言です。確かに、昔の音楽に慣れている人にとっては、今の音楽は「音楽」とは思えないこともあるでしょう。しかし、音楽が時代と共に変化してい…

お水 の今と昔を比較しよう

水で戦争が起きる。それが知識人の見解です。20世紀は「石油」で紛争が起きた時代でしたが、21世紀は「お水」で戦争が起きるかもしれない、と言うのです。確かに……と思いません…

七五三 の今と昔を比較しよう

七五三は伝統行事です。しかし、今の七五三と昔の七五三では色々と異なる点があります。まずは目的。本来、七五三は子供の「成長」をお祝いする行事ですが、最近の七五三は子供の「可…

お花見 の今と昔を比較しよう

お花見の始まりは桜ではありませんでした。お花見=宴会になったのも、ここ500年ほど前からです。では、日本人はいつから桜でお花見をするようになり、桜の木の下で宴会を始めるよ…