お花見 の今と昔を比較しよう

  1. 今・昔

お花見 の今昔

お花見の始まりは桜ではありませんでした。お花見=宴会になったのも、ここ500年ほど前からです。では、日本人はいつから桜でお花見をするようになり、桜の木の下で宴会を始めるようになったのでしょう。日本のお花見の今と昔を比べてみました。
 

▼目次
1.奈良時代の お花見 は「桜」ではなかった
2.安土桃山時代の花見は宴会型になった
3.今年の花見は、桜より

 
お花見

1.奈良時代の お花見 は「桜」ではなかった

春の匂いが漂い始めると、日本人は「桜の開花」が気になりだします。しかし、日本人は昔からお花見に桜を選んできた訳ではありません。少なくとも、奈良時代でお花見といえば「梅」でした。それが、遣唐使が廃止された頃からあらゆる日本の文化が見直され、その頃から、日本人は大陸から持ち込まれた「梅」よりも、古来より日本に生えていた「桜」を好むようになったと言われています。
 

2.安土桃山時代の花見は宴会型になった

お花見が宴会型になったのは、豊臣秀吉の時代の「吉野の花見」からと言われています。この花見では5000人が召還され、連日、茶会や歌の会、能の会が開かれたそうです。そして、その4年後の「醍醐の花見」から、甘味が食べられるようになり、全国から名産品や甘物が集められるようになったそうです。ちなみに、花見団子と言えば、桜色、白、緑です。桜色は春の桜、白は冬の雪、緑は夏のよもぎを示唆し、「秋」がないから「飽きがこない」と言われています。
 

3.今年の花見は、桜より

桜が咲くから春なのか。春だから桜は咲くのか。どちらが正しいかは分かりません。しかし、春に限らず人はいつも咲いています。今日も誰かは、きっと誰かの人生で咲いています。春だから、花見て一杯。それも趣ある話です。しかし、今年はちょっと趣向を変えてみませんか。誰かの人生に咲く、誰かを見て乾杯。と、ひたすら人の良い部分、美しい部分、そして華の部分を見つけて愛でてみませんか。
花見て、人魅て、満たされて。
短いけれど、何度でもやってくる春を今年も楽しみましょう。

年に1回しか会わないのなら、
30年も余命1ヶ月も同じ。親孝行、しよう。

親子の老後に安心したい方へ

関連記事

お水 の今と昔を比較しよう

水で戦争が起きる。それが知識人の見解です。20世紀は「石油」で紛争が起きた時代でしたが、21世紀は「お水」で戦争が起きるかもしれない、と言うのです。確かに……と思いません…

アイス

アイス の今と昔を比較しよう

アイスは旧約聖書に登場するほど、非常に昔からある食べ物です。しかし、当時のアイスは現在の嗜好品的位置付けではなく、健康食品的な存在だったようです。いったい、アイスはどのよ…

七五三 の今と昔を比較しよう

七五三は伝統行事です。しかし、今の七五三と昔の七五三では色々と異なる点があります。まずは目的。本来、七五三は子供の「成長」をお祝いする行事ですが、最近の七五三は子供の「可…

結婚式 の今と昔を比較しよう

今と昔の結婚式では本当に様々な点で違いがあります。昔は失礼に当たることも、今ではそうではない事柄がいくつかあります。また、昔の結婚式では必須だったことも、今ではほぼ見かけ…

天皇 即位 の今と昔を比較しよう

日本は世界で最も歴史のある国ですから、天皇の御代替わりにも様々な伝統的儀式があります。しかし、今と昔ではその内容や言葉にもいくつか違いが現れ始めています。消えつつある概念…

病気(不治の病)の今と昔を比較しよう

今と昔の病気を比べると、本当に医療の進化を感じます。昔は不治の病と恐れられた病気も、今では滅多に死に至ることもなく、日常診療においてはほぼ忘れられた病気もあります。昔はど…