循環型社会(リサイクル)の今と昔を比較しよう

  1. 今・昔

循環型社会の今昔
江戸時代のリサイクルは世界一だった

フランスでは19世紀になっても糞尿をセーヌ川に垂れ流していました。しかし日本は、江戸時代にはすでに循環型社会を完成させており、糞尿を肥料として再利用し、街に汚物を垂れ流すようなことはしていませんでした。「リサイクル」という言葉は昭和になってから使われ始めた言葉ですが、日本では昔から循環型社会を構築していたのです。もちろん、昔と今では異なる部分もたくさんあります。そこで今回は循環型社会の今と昔を比べてみました。

日本のごみのリサイクル、今昔

▼目次
1.「リサイクル」は昭和生まれ
2.江戸は高度な循環型社会
3.すべてビジネス
4.回せば回すほど大きくなる

 
循環

1.「リサイクル」は昭和生まれ

環境省によれば「リサイクル」という日本語が最初に使われたのは昭和49年で、オイルショックを契機に設立された「リサイクル運動市民の会」が最初です。その後、平成に入り政府は「循環型社会」の形成を目指し、平成12年には循環型社会形成推進基本法を制定。さらに平成24年には、発電した電力が電力会社へ売れるようになり、日本は循環型社会への移行をいっそう加速化させました。
 

2.江戸は高度な循環型社会

実は、日本は江戸時代に一度、高度な循環型社会を完成させています。例えば19世紀のパリでは糞尿はセーヌ川に垂れ流しでしたが、江戸ではそれを大切な資源として再利用していました。そのため隅田川の水はとても綺麗で、白魚が豊富に取れたそうです。また、地産地消に似た「三里四方」(約12㎞圏内の野菜を食していれば健康長寿になる)という言葉もあり、地域の特性を活かした地域内循環は市民にも浸透していました。
 

3.すべてビジネス

また、江戸時代には多くのリサイクル商人がいました。古着屋や古紙問屋、あるいはかまどの灰すら買い集める者もいたそうです。資源が少なかったからでしょう。しかし、当時の江戸は識字率が世界一とも言われ、極めて高水準な教育国家でした。それを思うと、江戸の循環型社会の見方が変わるのは私だけではないはずです。
 

4.回せば回すほど大きくなる

地球には「遠心力」と言って、回転半径が小さければ小さいほど、そして回せば回すほど大きな力が生まれます。
小さいエリアで、資源を回せるだけ回してみる。つまり地産地消です。
さあ、私たちが生まれ変わっても資源が豊富な地球を願い、循環型社会の実現に向けて「捨てる」を捨ててみませんか。

 

年に1回しか会わないのなら、
30年も余命1ヶ月も同じ。親孝行、しよう。

親子の老後に安心したい方へ

関連記事

社会貢献 の今と昔を比較しよう

社会貢献により大きく企業イメージが左右されるアメリカと比べ、日本ではまだまだ「社会貢献」という言葉はカタイ印象を与えています。しかし、日本でも社会貢献は昔から存在していて…

お米 の今と昔を比較しよう

昔の日本人はお米を炊きませんでした。蒸して食べていました。それも、正確にはお米ではなく、玄米を蒸して食べていました。しかし、やがて精米した白米を食べるようになり、とある病…

漢字 の今と昔を比較しよう

今と昔で読み方の変わった漢字はたくさんあります。今回はそんな漢字をご紹介しつつ、ご先祖様が漢字に込めた想いを紐解きます。漢字の今と昔では、何がどう変わったのでしょう。比べ…

読書 の今と昔を比較しよう

昔の人は黙読ができなかったそうです。現代では読書は声を出さなさいのが普通ですが、昔の人は読書といえば音読だったようです。他にも今と比べれば、読書の作法は大きく異なります。…

写真 の今と昔を比較しよう

なぜ昔の写真に写っている人は、気難しい顔をしているのか知っていますか。そもそも、昔は食事会や飲み会で写真を撮ることなどもっての他だったようなのですが、なぜだかご存知ですか…

モノの名前 の今と昔を比較しよう

モノの名前 は時代によってコロコロ変わります。昔の呼称では通用しなくなった名前は数え切れません。ですから、要するにソレを何と呼ぶかによって年が明らかになるわけなのですが……