墓じまいで、墓石をお地蔵さんに。

  1. お墓

墓じまいで、墓石をお地蔵さんに。

~ お墓を慮る ~
 
近年、増加傾向にある墓じまい。墓石の魂抜きから解体とありますが、「それだけでは味気ない」そう思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで、お墓のプロ・杉本さんに墓じまいしても、何か「形」として残すことができないのか、お話を伺ってきました。
 
墓じまい


コンパスさんでコラムを書くようになり2年ほど。少しずつ我々の事を知って頂き、「記事を読んだよ」なんて声を聴くようになりました。ありがたい事です。これからも職人からの発信を続けていきたいと思います。

さて、本題。
近年圧倒的に増えているのはお墓の解体。墓じまいです。少子高齢化に伴うお墓の跡取り不在のご相談は爆発的に増えています。
「息子は遠方で就職してしまって松本に帰るつもりはない」
「迷惑をかけたくないから自分は永代供養を考えている」
そんなご相談ですね。
ご先祖様のご遺骨の行き先が決まってない場合は行き先を見つけ、手続きが必要な場合はそれを行い、墓石の魂抜きを行い、解体作業となるわけですが、とある方はそれだけでは味気ない。なにも無くなってしまう事は寂しい。と言われるワケです。
そこで我々は、解体した墓石から小さなお地蔵さんを作る事にしました。私個人は絵や文字彫刻しかやった事がなく、造形彫刻は素人。ですがそこは彫枡!チームプレーでいきます!御年65歳の大ベテラン職人さんに相談してお地蔵さんにしました。
役割を終えた墓石が形を変えて手元に残る……なんかロマンチック。
自分の棺に入れるなんて事も考えられますよね。
出来たお地蔵さんは墓石の使える部分を使用しているので、汚れもあるけどそれがまたいい。歴史を感じます。

今回はお地蔵さんを作りましたが、全ての墓石が使える訳でもなく、条件があります。また、手間が手仕事なので時間もかかります。これだけのモノでも1ヵ月以上かかっています。そのため安価な事は言えませんが、手間の一つ一つも供養に繋がればと思っています。ウチで墓じまいをお考えの際、何か大事にしたいお気持ちがあればお申しつけください。形としてご提供できればと思います。

また、墓じまいのその後。墓石の再利用や、解体した墓石の行き先についてはいずれ大きな社会問題になっていくと思われます。その事についてはまた次号にでも。

 
- 取材協力 -
彫枡グループ
代表
杉本 弦洋 氏

住所:長野県松本市笹部4-477-5
電話:0263-55-4320

本、出しました。

当サイトで最も高い閲覧数を誇る「今昔」。
それをさらに掘り下げ、書き下ろしました。

今すぐチェック

関連記事

現代という時代の中の職人

お墓 は、オーダーメイドです。なぜなら、建てる際には、強度やその土地の環境に配慮した構造だけではなく、最後にお届けするお施主さんの想いも込めているからです。そんなお墓を作…

寄り添う石屋、とは。

お墓に対する思いは人それぞれ。だからこそ、石屋として、その思いに答えるためには、お施主様に寄り添ったサービスが必要である。そう思うようになったきっかけを教えていただきまし…

納骨堂を開けたのは、いつが最後ですか。

お墓参りに行くと、お墓の掃除や周りの草むしりなどをしますよね。しかし、実は他にも綺麗にしておいて欲しい場所があります。ここでは、お墓のある場所を放置していたために、大変な…

冬は、お墓が凍みて(しみて)動き出す

冬の間にお墓の石がヅレていた、なんて経験をしたことはありませんか。実はこれ、凍みる(しみる)ことが原因のため、寒い地域ではよく起こる現象です。そこで今回は、お墓のメンテナ…

冬は石屋が進化する季節。

日本で発生する自然災害の一つ地震。あらゆる構造物を倒壊へと誘うこの災害は、お墓にも影響を与えます。そこで、マグニチュード7.2でもお墓が倒れない、そんな耐震技術をご紹介し…