「はじまり」の今と昔を比較しよう

  1. 今・昔

「はじまり」の今昔

▼目次
1.「スタート合図」の今昔
2.「一日の始まり」の今昔
3.隅に置けない人とは

 
はじまり

1.「スタート合図」の今昔

日本人にとってスタートのかけ声と言えば「位置について、用意、ドン」ですが、このかけ声は日本の文化として脈々と受け継がれてきたものではありません。昭和2年、日本陸上競技連盟がスタートの合図となる競技用語を一般に募集し、突如誕生したものです。
それ以前は、スタートのかけ声はバラバラでした。例えば「いいか。ひぃ、ふぅ、みぃ」と言ってから、旗を降ろすことがスタートの合図だったりと、地域によって全く異なっていました。
 

2.「一日の始まり」の今昔

昔の西洋では、多くの地域が日没を一日の始まりとしていました。旧約聖書の創世記・1章5節にも「夕べがあり、朝があった」と書かれています。
その風習は今でも残っています。クリスマスは12月25日なのに、その前夜の24日をクリスマス・イヴとして大々的にお祝いします。「イヴ」は「evening」と同義の古語「even」が語源となっていて、一日は前夜の日没から始まるという習慣をキリスト教が受け継いだからです。つまり24日の夕方は、昔は25日の始まりだったのです。
また、日本語の「あした」は、現代では「翌日」を意味しますが、古語では「朝」を示します。ですから、ひょっとすると日本でも、日没を一日の始まりとしていたのかもしれません。
 

3.隅に置けない人とは

このように、原点であるはずの「はじまり」ですら、時代によって変化します。そして、変化の後に訪れるのは、いつでも新しい「はじまり」です。
物事は何でも、初めから上手くなどいきません。「はじめは恥目」です。物事の初め、始まりこそ、恥をかくべきタイミングです。知ったかぶりほど、後悔することはありません。
命長ければ恥多し、とも言います。はじに置けない人(隅に置けない人)になるためにも、恥を恐れず、初めてのことにも「始める」勇気を持ち続ける人間でありたいものです。

本、出しました。

当サイトで最も高い閲覧数を誇る「今昔」。
それをさらに掘り下げ、書き下ろしました。

今すぐチェック

関連記事

アイス

アイス の今と昔を比較しよう

アイスは旧約聖書に登場するほど、非常に昔からある食べ物です。しかし、当時のアイスは現在の嗜好品的位置付けではなく、健康食品的な存在だったようです。いったい、アイスはどのよ…

病気(不治の病)の今と昔を比較しよう

今と昔の病気を比べると、本当に医療の進化を感じます。昔は不治の病と恐れられた病気も、今では滅多に死に至ることもなく、日常診療においてはほぼ忘れられた病気もあります。昔はど…

「無料」の今と昔を比較しよう

今は無料だが、ひと昔前までは有料であったものをご存知ですか。そして、逆に有料化になったものはご存知ですか。ここでは、江戸・昭和の時代から無料になったもの、有料になったもの…

読書 の今と昔を比較しよう

昔の人は黙読ができなかったそうです。現代では読書は声を出さなさいのが普通ですが、昔の人は読書といえば音読だったようです。他にも今と比べれば、読書の作法は大きく異なります。…

「リーダー像」の今と昔を比較しよう

その実行力により倒産寸前まで追い込まれたが、見事にV字回復を果たした素晴らしきリーダー。かのジョン・F・ケネディ大統領が最も尊敬した日本人とも言われています。その日本人と…

宿(ホテル・旅館)の今と昔を比較しよう

日本では、昔は宿は無料でした。鎌倉時代になっても「宿代」という概念はありませんでした。宿泊料がキチンと請求されるようになったのは、安土桃山時代の「きちん」が始まりです。日…