「たまご」の今と昔を比較しよう

  1. 今・昔

みんな大好き!「たまご」の今昔

今では、当たり前のように食卓に並ぶ卵。しかし、卵の歴史を振り返ってみると、昔は身近な食材ではなかったことが分かります。
では、どのように移り変わってきたのか。平安時代から江戸時代まで、各時代における卵の在り方をご紹介します。

▼目次
1.平安時代、卵はタブー
2.室町時代、卵解禁
3.江戸時代、卵は高級
4.今日は明日の卵です

 
卵

1.平安時代、卵はタブー

日本霊異記は平安時代初期に書かれ、伝承された最古の説話集です。そこには、卵を煮て食べていた若者が地獄に落ち、かがり火に苦しめられたという話が収められています。当時は「卵を食べるとバチが当たる」と信じられていて、日本人は卵を恐れていました。
 

2.室町時代、卵解禁

室町時代になると、ポルトガルから様々なものが日本へ輸入されてきます。南蛮菓子もその一つですが、中でも卵を使ったカステラ人気でした。そして、南蛮人が平気に卵料理を食べる姿を見て、日本人も少しずつ「卵解禁」になったそうです。
迷信より、美味しいもの。
我々の先祖はとてもグルメで合理的な種族だったようです。
 

3.江戸時代、卵は高級

江戸時代では卵は高級食材でした。今の価値に換算すると、卵は一個400円ほど。十返舎一九の「東海道中膝栗毛」にも、「卵ふわふわ」という料理が将軍家のもてなし料理として紹介されています。
そして、江戸時代後期には、卵料理の多様性は開花。料理本「万宝料理秘密箱」が出版され、その中の「卵之部」には103の卵のレシピが収められており、そのレシピ集は「卵百珍」として人気を博します。
 

4.今日は明日の卵です

いったい誰が、卵は「誰も食べない」から「みんな大好き」な食材になると思ったことでしょう。まさに華麗なる転身です。本当に、未来はどうなるかわかりません。
ただ、明日は必ず今日から生まれます。ですから、今日を大切にしなければ、明日という雛はかえりません。
もっと今日を大切に。
何だか、人生の極意はそれだけのような気がします。
「人生」と聞くと難しく聞こえます。しかし、難しそうなものほど、意外と簡単だと言います。
ほら、「コロンブスの卵」が、それを証明したじゃありませんか。

年に1回しか会わないのなら、
30年も余命1ヶ月も同じ。親孝行、しよう。

親子の老後に安心したい方へ

関連記事

天皇 即位 の今と昔を比較しよう

日本は世界で最も歴史のある国ですから、天皇の御代替わりにも様々な伝統的儀式があります。しかし、今と昔ではその内容や言葉にもいくつか違いが現れ始めています。消えつつある概念…

読書 の今と昔を比較しよう

昔の人は黙読ができなかったそうです。現代では読書は声を出さなさいのが普通ですが、昔の人は読書といえば音読だったようです。他にも今と比べれば、読書の作法は大きく異なります。…

写真 の今と昔を比較しよう

なぜ昔の写真に写っている人は、気難しい顔をしているのか知っていますか。そもそも、昔は食事会や飲み会で写真を撮ることなどもっての他だったようなのですが、なぜだかご存知ですか…

仕事 の今と昔を比較しよう

今ある人間の仕事のおよそ半分を、AIが奪ってしまう。そう予想するのは、とある有名大学の教授です。彼によれば、この10年で人間の仕事はとても大きく変わるそうです。が、それは…

お花見 の今と昔を比較しよう

お花見の始まりは桜ではありませんでした。お花見=宴会になったのも、ここ500年ほど前からです。では、日本人はいつから桜でお花見をするようになり、桜の木の下で宴会を始めるよ…

歴史の教科書 の今と昔を比較しよう

あなたの知っている歴史は古い?歴史の教科書からは聖徳太子が消え、大化の改新は「蒸しご飯」の645年ではなくなっています。今、いったい歴史の教科書に何が起きているのでしょう…