音楽 の今と昔を比較しよう

  1. 今・昔

音楽 の今昔

最近の音楽は……と、嘆いている方に進言です。確かに、昔の音楽に慣れている人にとっては、今の音楽は「音楽」とは思えないこともあるでしょう。しかし、音楽が時代と共に変化しているのは、私たちの脳が求めるものが、時代により変わってきているからです。どれほど音楽シーンは変わったのでしょう。今と昔で比べてみました。
 

▼目次
1.音楽の変化
2.予定調和
3.ノルウェーの森
4.人生は短くない

 
音楽

1.音楽の変化

「昔に比べて、最近の音楽は」
そう思われている方は多いことでしょう。実際、今と昔の音楽は大きく構造が変わっています。
 

2.予定調和

いわゆる日本の歌謡曲や演歌は、どこか予定調和的です。聞いていて心地よく、整った音楽です。一方、近年の音楽はどこか不安定で、不調和の要素が盛り込まれています。そうした曲が流行する原因は「現代人の脳が変化と刺激を求めているから」とのことですが、いずれにせよ、最近は自然なリズムの音楽は少ないようです。
 

3.ノルウェーの森

しかし、昔の音楽の方が良かったと思う理由はそれだけでしょうか。村上春樹の「ノルウェーの森」で、主人公の友人・永沢は自分の読書観についてこう語ります。
「時の洗礼を受けていないものを読んで時間を無駄にしたくない。人生は短い」
要するに”時が経ても人の記憶に残る本は名作”と言っているのですが、実は音楽も同じで、人々の記憶に残っている音楽は名曲です。つまり、多くの方は巷に溢れている最近の音楽全般と、昔の名曲のみを比較してこう言っているのです。
「昔の音楽は良かった」
・・・・・・少し酷ですよね。
 

4.人生は短くない

ところで、永沢が名作しか読まない理由は「人生は短い」からです。しかし、あれから約半世紀。平均寿命は十年以上伸び、もはや人生は短くありません。時の洗礼を受けていない音楽にも触れる時間は十分あります。
昨年、パンピーという若者が加山雄三の名曲「お嫁においでよ」を大胆に編曲し、それが若者の間で大流行。加山雄三も絶賛しています。いかがでしょう。若大将も新しい音楽に挑戦しています。彼に続いて、この秋は最近の音楽を聴いてみませんか。

 
お嫁においで2015/加山雄三feat.PUNPEE

年に1回しか会わないのなら、
30年も余命1ヶ月も同じ。親孝行、しよう。

親子の老後に安心したい方へ

関連記事

お米 の今と昔を比較しよう

昔の日本人はお米を炊きませんでした。蒸して食べていました。それも、正確にはお米ではなく、玄米を蒸して食べていました。しかし、やがて精米した白米を食べるようになり、とある病…

アイス

アイス の今と昔を比較しよう

アイスは旧約聖書に登場するほど、非常に昔からある食べ物です。しかし、当時のアイスは現在の嗜好品的位置付けではなく、健康食品的な存在だったようです。いったい、アイスはどのよ…

お花見 の今と昔を比較しよう

お花見の始まりは桜ではありませんでした。お花見=宴会になったのも、ここ500年ほど前からです。では、日本人はいつから桜でお花見をするようになり、桜の木の下で宴会を始めるよ…

社会貢献 の今と昔を比較しよう

社会貢献により大きく企業イメージが左右されるアメリカと比べ、日本ではまだまだ「社会貢献」という言葉はカタイ印象を与えています。しかし、日本でも社会貢献は昔から存在していて…

天皇 即位 の今と昔を比較しよう

日本は世界で最も歴史のある国ですから、天皇の御代替わりにも様々な伝統的儀式があります。しかし、今と昔ではその内容や言葉にもいくつか違いが現れ始めています。消えつつある概念…