循環 型社会の今と昔を比較しよう ~ 循環という恵みの中で、人は生き続ける ~

循環 型社会の今昔

日本で「リサイクル」という概念が生まれたのはいつ頃か、ご存知でしょうか。リサイクルという言葉が使われるようになったのは最近ですが、実は、古くから資源を循環させる技術や意識はありました。そこで、循環型社会の今と昔を比較しました。違う角度から見た日本の歴史をご賞味ください。
 
循環

◇「リサイクル」は昭和生まれ

環境省によれば「リサイクル」という日本語が最初に使われたのは昭和49年で、オイルショックを契機に設立された「リサイクル運動市民の会」が最初です。その後、平成に入り政府は「循環型社会」の形成を目指し、平成12年には循環型社会形成推進基本法を制定。さらに平成24年には、発電した電力が電力会社へ売れるようになり、日本は循環型社会への移行をいっそう加速化させました。
 

◇ 江戸は高度な循環型社会

実は、日本は江戸時代に一度、高度な循環型社会を完成させています。例えば19世紀のパリでは糞尿はセーヌ川に垂れ流しでしたが、江戸ではそれを大切な資源として再利用していました。そのため隅田川の水はとても綺麗で、白魚が豊富に取れたそうです。また、地産地消に似た「三里四方」(約12㎞圏内の野菜を食していれば健康長寿になる)という言葉もあり、地域の特性を活かした地域内循環は市民にも浸透していました。
 

◇ すべてビジネス

また、江戸時代には多くのリサイクル商人がいました。古着屋や古紙問屋、あるいはかまどの灰すら買い集める者もいたそうです。資源が少なかったからでしょう。しかし、当時の江戸は識字率が世界一とも言われ、極めて高水準な教育国家でした。それを思うと、江戸の循環型社会の見方が変わるのは私だけではないはずです。
 

◇ 回せば回すほど大きくなる

地球には「遠心力」と言って、回転半径が小さければ小さいほど、そして回せば回すほど大きな力が生まれます。
小さいエリアで、資源を回せるだけ回してみる。つまり地産地消です。
さあ、私たちが生まれ変わっても資源が豊富な地球を願い、循環型社会の実現に向けて「捨てる」を捨ててみませんか。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

 
タイトルをクリックすると、関連記事をお楽しみいただけます>
前話 アイスの今と昔を比較しよう
 
① 結婚式の今と昔を比較しよう
② 七五三の今と昔を比較しよう
③ 節分の今と昔を比較しよう
④ モノの名前の今と昔を比較しよう
⑤ お伽話の今と昔を比較しよう
⑥ 歴史の教科書の今と昔を比較しよう
⑦ 仕事の今と昔を比較しよう
⑧ お米の今と昔を比較しよう
⑨ 漢字の今と昔を比較しよう
⑩ 音楽の今と昔を比較しよう
⑪ 病気の今と昔を比較しよう
⑫ お花見の今と昔を比較しよう
⑬ お水の今と昔を比較しよう
⑭ 宿の今と昔を比較しよう
⑮ 写真の今と昔を比較しよう

 

 
※連載小説「幸せのコンパス」絶賛公開中。
http://web-compass.net/2017/07/01/連載小説【第1話】幸せのコンパス/
日向穂志が持つコンパスは、北ではなく、幸せが潜む方角を教えてくれる謎のコンパス。彼はどこでそのコンパスを手に入れたのか。そして、なぜ妻・月子と不仲なのか。フリーペーパー「コンパス」で大人気の連載小説「幸せのコンパス」をお楽しみください。

 
■ フリーペーパー「コンパス」が、手に入る最寄りの場所を 検索 する

 
■定期配本のお知らせ
コンパスは発刊が 3月 / 6月 / 9月 / 12月の末日、季刊誌です。しかし、場所によっては入手しづらいこともあり、コンパスは多数の読者様のご要望にお応えし、定期配本を始めました。配送料 2,000円/年 にて4回お届けします。
定期配本のお申し込みは、コンパス編集部 0263-87-1798 までお電話いただくか お問合せ からご連絡ください。

 

骨壺

「土に還る骨壺」の 誕生秘話と感動のドラマ集 をご覧いただけます

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL