「無料」の今と昔を比較しよう

  1. 今・昔

「無料」の今昔

ひと昔前までは有料だったサービスが無料に。無料だったサービスが有料に。その線引きはどこから生まれてきたのでしょうか。江戸・昭和の時代からの変化を比べるとともに、一緒に考えていきましょう。

▼目次
1. 江戸時代、有料。今、無料。
2. 昭和、有料。今、無料。
3. 時代はどっちに進む?無料化?有料化?

 
無料

1. 江戸時代、有料。今、無料。

今は時計が至る所にあるので、時間を知るのに苦労しません。しかし、江戸時代には時計がなかったので、幕府管轄の下、請負人や鐘撞き人という特定の人物や寺社が「時の鐘」を撞いて時間を知らせていました。そして、その費用は鐘撞料として、鐘の音が聞こえる周辺住民から徴収していました。
教育についても今とは異なります。江戸時代においては、寺子屋は教育面で大きな役割を果たしましたが、その寺子屋で学ぶには授業料が必要でした。が、今は義務教育の小・中学校の授業料は無料です。
 

2. 昭和、有料。今、無料。

およそ昭和25年くらいから昭和40年ほどまでは、輸血用血液の大部分は民間血液銀行が供給していました。そして、そのほとんどは「売血」といって、有償で採血された血液が原料でした。しかし、今は法律により有料での採血は禁止されていて、血液は完全に無料での提供のみとなりました。
NHKの受信料も、昔はテレビの受信料以外にラジオ受信料がありましたが、ラジオの受信料は昭和43年に撤廃されました。
 

3. 時代はどっちに進む?無料化?有料化?

このように、今、様々な分野で無料化が進んでいます。しかし、一方では有料化されたものもいくつかあります。
例えば、世界遺産の富士山では、5合目より上を目指す方は1,000円の入山料が求められます。また、プラスチック製買物袋は、今年の7月1日より有料化がスタートします。
これからの時代、日本は無料化と有料化、どちらが加速するのでしょう。それは私にはわかりません。ただ、今までの流れに鑑みると、これから「も」大切なもの(命や学力など)は無料化が進み、これから「は」大切にしたいもの(環境など)は有料化が進みそうです。
いずれにせよ、有料でしか維持できない優良もある、それは忘れたくないものです。

本、出しました。

当サイトで最も高い閲覧数を誇る「今昔」。
それをさらに掘り下げ、書き下ろしました。

今すぐチェック

関連記事

お伽話 の今と昔を比較しよう

昔の「桃太郎」は桃から生まれません。一方、最近の「桃太郎」には家来は一匹もいません。今、お伽話の世界に異変が起きています。どれほど大きな異変が起きているのでしょう。お伽話…

お米 の今と昔を比較しよう

昔の日本人はお米を炊きませんでした。蒸して食べていました。それも、正確にはお米ではなく、玄米を蒸して食べていました。しかし、やがて精米した白米を食べるようになり、とある病…

仕事 の今と昔を比較しよう

今ある人間の仕事のおよそ半分を、AIが奪ってしまう。そう予想するのは、とある有名大学の教授です。彼によれば、この10年で人間の仕事はとても大きく変わるそうです。が、それは…

社会貢献 の今と昔を比較しよう

社会貢献により大きく企業イメージが左右されるアメリカと比べ、日本ではまだまだ「社会貢献」という言葉はカタイ印象を与えています。しかし、日本でも社会貢献は昔から存在していて…

七五三 の今と昔を比較しよう

七五三は伝統行事です。しかし、今の七五三と昔の七五三では色々と異なる点があります。まずは目的。本来、七五三は子供の「成長」をお祝いする行事ですが、最近の七五三は子供の「可…