歴史の教科書 の今と昔を比較しよう

  1. 今・昔

歴史の教科書 の今昔

あなたの知っている歴史は古い?歴史の教科書からは聖徳太子が消え、大化の改新は「蒸しご飯」の645年ではなくなっています。今、いったい歴史の教科書に何が起きているのでしょう。今の教科書と昔の教科書を比べてみました。
 

▼目次
1.いい国つくろう鎌倉幕府
2.消えつつある「聖徳太子」
3.日本最大の古墳は?
4.士農工商とは
6.五箇条の誓文

教科書

一、いい国つくろう鎌倉幕府

誰もが知っているこの語呂合わせ。しかし今、ほとんどの教科書に「1192年、鎌倉幕府成立」との記述はありません。「1185年」です。(1185年は源頼朝が全国へ守護・地頭の設置を朝廷に認めさせた年)
 

二、消えつつある「聖徳太子」

小・中学校の教科書には、「聖徳太子」の記述はまだあります。しかし、高校の教科書からは消えつつあり、「厩戸王(うまやどおう)」との表記が目立ち始めています。
そればかりか、とある教科書では「聖徳太子は実在したか」と題したコラムさえ掲載されています。
理由は、「聖徳太子」は後世の人がつけた尊称で、存命中の呼称ではないから、とのことです。
 

三、日本最大の古墳は?

墓域面積が世界最大で、日本最大の前方後円墳と言えば「仁徳天皇陵」でしたが、今の教科書ではそう表記されていません。学術的な検証が充分にされていないとのことから、表記は「大仙古墳」です。(宮内庁は「仁徳天皇陵」としています)
 

四、士農工商とは

実証的研究から、「士農工商」という身分制度や上下関係は存在しないことが判明し、現在では「士農工商」という単語は教科書から消えています。
昔は「農民は武士の次に身分が高い」と習ったものですが、それも誤りのようです。
 

六、五箇条の誓文

おや?と思った方はどれ程いるでしょう。はい。「五」を省略し、「四」の次を「六」としました。
それはさておき、「五箇条の御誓文」は、最近の教科書では「五箇条の誓文」と「御」が省略されています。「御触書」も「触書」です。
 
教科書は変わります。そして、私達は子供の生きる教科書です。過去にとらわれず、変わるべき時に変われる勇気を常に持ち続けたいものです。

年に1回しか会わないのなら、
30年も余命1ヶ月も同じ。親孝行、しよう。

親子の老後に安心したい方へ

関連記事

七五三 の今と昔を比較しよう

七五三は伝統行事です。しかし、今の七五三と昔の七五三では色々と異なる点があります。まずは目的。本来、七五三は子供の「成長」をお祝いする行事ですが、最近の七五三は子供の「可…

結婚式 の今と昔を比較しよう

今と昔の結婚式では本当に様々な点で違いがあります。昔は失礼に当たることも、今ではそうではない事柄がいくつかあります。また、昔の結婚式では必須だったことも、今ではほぼ見かけ…

天皇 即位 の今と昔を比較しよう

日本は世界で最も歴史のある国ですから、天皇の御代替わりにも様々な伝統的儀式があります。しかし、今と昔ではその内容や言葉にもいくつか違いが現れ始めています。消えつつある概念…

お花見 の今と昔を比較しよう

お花見の始まりは桜ではありませんでした。お花見=宴会になったのも、ここ500年ほど前からです。では、日本人はいつから桜でお花見をするようになり、桜の木の下で宴会を始めるよ…

お伽話 の今と昔を比較しよう

昔の「桃太郎」は桃から生まれません。一方、最近の「桃太郎」には家来は一匹もいません。今、お伽話の世界に異変が起きています。どれほど大きな異変が起きているのでしょう。お伽話…

モノの名前 の今と昔を比較しよう

モノの名前 は時代によってコロコロ変わります。昔の呼称では通用しなくなった名前は数え切れません。ですから、要するにソレを何と呼ぶかによって年が明らかになるわけなのですが……