冬は石屋が進化する季節。

  1. お墓

冬は石屋が進化する季節。

~ お墓を慮る ~
 
日本で発生する自然災害の一つ地震。あらゆる構造物の倒壊をもたらすこの災害は、お墓にも影響を与えます。そこで、地震に耐える技術について、彫枡グループ・代表の杉本さんにお話を伺ってきました。
 
進化


今は年の瀬。ここ数ヶ月は「年内中に!」とのご依頼を多くいただき、ありがたいことに大忙しです。が、年明けになると打って変わり、3月までの間はごく静か。ですから、お墓の相談事はこの時期が最もじっくりと聞いてもらえると思うのですが……ウチだけならすみません(笑)。
ただ、こうした閑散期に、私たちは新しい技術や商品を試します。そして、今回紹介するのはその中でも、数年前に試して以来ずっと使用している商品です。用途はズバリ、耐震です。
日本では「地震、雷、火事、親父」と言われるように、地震は本当に恐れられています。時に墓石も倒してしまいますし、そんな時はご先祖様に対してあまりに切なく、申し訳ない気持ちで一杯になります。
ウチではそうした不安を軽減すべく、「礎(いしずえ)」という商品を使って地震に備えています。佐久の石屋さんが考案した特許商品です。写真のように見た目は単純なゴムリングですが、この真ん中に接着剤を流し込み、上から石の重みで押さえ込みます。すると中が真空になり、接着剤の強さがフルに引き出せます。

礎

最初は半信半疑でしたが、冬の閑散期に試してみると非常に優秀であることに気づき、また、佐久の小さな石屋さんが自分たちで特許を取ったというドラマにも共感して、ウチではそれ以来ずっと使用しています。それまでは耐震といえば従来通り墓石の真ん中に穴を開け、芯棒を通していましたが、今では「礎」一本です。
実際、この商品はマグニチュード7.2の実験をクリアし、先の松本の地震でもウチの石塔の倒壊をゼロに抑えています。また、石を傷めない上、取り外しが容易なので墓じまいの際も役立ちます。
 
ご先祖様が少しでも安心して眠れますように。
 
私たちはこれからも、情報を集めて色々挑戦していきます。この冬は何に新しく出会えるのだろう。より皆様のお役に立てるかと思うと、嬉しくてなりません。

 
- 取材協力 -
彫枡グループ
代表
杉本 弦洋 氏

住所:長野県松本市笹部4-477-5
電話:0263-55-4320

本、出しました。

当サイトで最も高い閲覧数を誇る「今昔」。
それをさらに掘り下げ、書き下ろしました。

今すぐチェック

関連記事

冬は、お墓が凍みて(しみて)動き出す

冬の間にお墓の石がヅレていた、なんて経験をしたことはありませんか。実はこれ、凍みる(しみる)ことが原因のため、寒い地域ではよく起こる現象です。そこで今回は、お墓のメンテナ…

墓じまいで、墓石をお地蔵さんに。

近年、増加傾向にある墓じまい。墓石の魂抜きから解体とありますが、「それだけでは味気ない」そう思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで、お墓のプロ・杉本さん…

手書きの文字をお墓に彫る

ご存知ですか?お墓に大切な方の手書きの文字をそのまま彫ること(転写)ができることを。そこで、実際にあった転写にまつわる感動秘話をお届けします。…

納骨堂を開けたのは、いつが最後ですか。

お墓参りに行くと、お墓の掃除や周りの草むしりなどをしますよね。しかし、実は他にも綺麗にしておいて欲しい場所があります。ここでは、お墓のある場所を放置していたために、大変な…

現代という時代の中の職人

お墓 は、オーダーメイドです。なぜなら、建てる際には、強度やその土地の環境に配慮した構造だけではなく、最後にお届けするお施主さんの想いも込めているからです。そんなお墓を作…