冬は、お墓が凍みて(しみて)動き出す

  1. お墓

お墓を慮る

寒い季節の本番ですね。
長野の冬は確かに厳しいわけですが、その寒さがお墓にとってどんな影響を与えるかご存知ですか。

しみる


その一番が「凍る」です。「凍みる(しみる)」なんてよく言いますが、大気中にある水も凍ると個体になります。水は個体になる時、体積を増やすのでそれを毎晩繰り返してるうちにあれだけがっちりとした重い石さえも動かしてしまうというわけです。水道管が破裂した!なんて事と一緒の原理ですね。

秋のお彼岸の時には何も異常がなったお墓も、一冬越してお墓参りに行ってみると「アレ?なんか石がズレてるぞ?」とか、「外側の柵がお隣さんの敷地まではみ出してしまっているぞ?」なんて事がよくあります。初めは少しのズレでも、一度傾いてしまうと石の重さが一点に集中していき、次の年には更に大きく動くなんてこともありますね。

そういったメンテナンスのご依頼の多くは、約30~40年前に建てられたモノ、ちょうど墓石ブームに建てられたお墓が多いです。当時いくら丈夫に建てましたと言っても、30年40年とこの厳しい長野の冬を野ざらしで過ごしてくれば、どこかに綻びが出てくるのは致し方ない事でもあります。

そういった時、「気軽にお墓の事を聞ける方、または石屋さんがいない!」「30年40年も前の事で石屋さんも辞めてしまってる」「どこに聞いていいのかわからない!」なんてことがあったら問題ですよね。当社でも始めておりますが、最近ではお盆やお彼岸前の草刈りやクリーニング、言わば墓守を代行してくれる業者さんも増えてきています。ですから、そんなサービスを利用してみるのも一つかと……。とにかく、一緒にお墓の事を考えてくれる専門家がいると安心ですね。

また、30年40年と経っていると、次の世代へのバトンタッチの時期でもあります。新春はご先祖様にとっても新しい一年の始まりです。だからこそ、お墓の在り方やご先祖様についても、ご家族で一度話し合ってみるのもいいかもしれませんね。

 
- 取材協力 -
彫枡グループ
代表
杉本 弦洋 氏

住所:長野県松本市笹部4-477-5
TEL:0263-55-4320

年に1回しか会わないのなら、
30年も余命1ヶ月も同じ。親孝行、しよう。

親子の老後に安心したい方へ

関連記事

現代という時代の中の職人

お墓 は、オーダーメイドです。なぜなら、建てる際には、強度やその土地の環境に配慮した構造だけではなく、最後にお届けするお施主さんの想いも込めているからです。そんなお墓を作…