結婚式 の今と昔を比較しよう ~ 仲人は古い?見合いから恋愛へと移り行く結婚事情 ~

結婚式 の今昔

 
結婚式の今と昔では、大きな違いが生じています。いつの世も、習わしは時代の流れとともに大きく変わるものですが、昔は忌み嫌われたことが今では全くそうではなくなったこともあるから驚きます。というわけで、今回の今昔は、「結婚式の今昔」。
 
結婚式 の今昔

◇ 仲人を立てない結婚式は九割以上

今では仲人を立てない結婚式は九割以上にのぼります。この数字を見て「ずいぶん時代が変わったなあ」と感じた方も多いことでしょう。お見合い結婚が盛んだった頃は、縁談のお世話から結納・結婚式に至るまで、両家の間に入って切り盛りをしてくれる人が必要とされ、その務めを担っていたのが仲人でした。しかし時代は変わり、恋愛結婚が一般的になると、お互いの意思で結婚を決め、新郎新婦が主体となって式の準備を進めるようになりました。「仲人を立てない結婚式」が急増しているのも、それは自然の流れと言えるかもしれません。
 

◇ 忌み避けられなくなった仏滅挙式

「お日柄がよい」など、六曜を意識しながら日取りを決めるケースは、近年減少傾向にあります。その背景には、第一に、キリスト教式が主流になりつつあること、第二に、式場によっては料金がお得な仏滅挙式プランがあること、第三に、六曜より日付にこだわり、記念日や誕生日など特別な思い入れのある日に式を挙げたいと思う人が増えていることがあります。以前は避けるのが当然とされていた仏滅ですが、お日柄にこだわらない世代は増えています。
 

◇ ご祝儀についての新しい考え方

ご祝儀は、以前は偶数は割り切れてしまうため、縁起が悪いとされていました。しかし、最近では二万円を包むことは珍しくありません。
「2」=「夫婦」つまり「ペア」との解釈です。
ただ、その場合は、一万円札1枚と五千円札を2枚とし、枚数を奇数にすることで縁起を担ぐのが一般的なようです。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

 
タイトルをクリックすると、関連記事をお楽しみいただけます>
次話 七五三の今と昔を比較しよう

 

 
※連載小説「幸せのコンパス」絶賛公開中。第1話は、こちらから
日向穂志が持つコンパスは、北ではなく、幸せが潜む方角を教えてくれる謎のコンパス。彼はどこでそのコンパスを手に入れたのか。そして、なぜ妻・月子と不仲なのか。フリーペーパー「コンパス」で大人気の連載小説「幸せのコンパス」をお楽しみください。

 
■ フリーペーパー「コンパス」設置場所の検索は、こちらをクリック

 
定期配本のお申し込みは、コンパス編集部 0263-87-1798 までお電話いただくかお問合せからご連絡ください。

 

骨壺

「土に還る骨壺」気になる方は、こちらをクリック

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL