住んだままでも「家の中身」を新築できる【ハウスINハウス】の魅力とは。

  1. 住まい

ハウスINハウスって何?
現代流リフォーム!家の「中身」を新築に

 
最近では、リフォームも多様化しており、「家の中身を新築する」という手法もあるそうです。SUNRISE株式会社の田中さんにお話を伺ってきました。
 

▼目次
1.昔と変わりつつある今のリフォームの目的
2.家の中身を新築する
3.無料で体感いただけます

 
断熱リフォーム

1.昔と変わりつつある今のリフォームの目的

国土交通省の調べによると、リフォームを決断した理由で最も多いのは、昔は「住宅の傷み・汚れ」、次いで「水回りの設備が不十分だから」でした。しかし、平成27年度以降では「家を長持ちさせるため」のリフォームが増加。現在ではリフォームする目的の第二位となっています。
住みづらくなったからリフォームする。そんな時代は終わりつつあります。これからは、より長く、より快適に暮らすためのリフォームを考える時代です。
「不満の解消」から「暮らしの改良」へ。
人生100年時代だからこそ、今後もその流れはさらに大きく、いっそう加速する見通しです。
 

2.家の中身を新築する

リフォームは大変です。特に、断熱リフォーム工事は壁や床を一度壊す大掛かりなものが一般的で、費用も高額になりがちでした。そこで私たちは、もっと簡単に暮らしの快適さを高めることはできないかと考え、「ハウスINハウス」というリフォーム方法を提案します。一言で言えば、「家の中に家をつくる」という断熱リフォームです。天井・壁・床にオリジナルパネルを貼りこみ、内側からしっかりと覆って、家の「中身」を新築します。こうすることで涼しさや暖かさを逃さず、高い断熱性能を発揮します。
家を壊さず、手軽さと快適さを両立させたリフォーム。それが、家の中身を新築する「ハウスINハウス」です。
 

3.無料で体感いただけます

家の中身を新築する。
イメージできるようで簡単にはイメージしづらいリフォームです。ですから、一度ぜひ体感しにお越しください。第二土曜・日曜に「ハウスInハウス体感会」を、第四土曜日には「賢いリフォーム勉強会」を開催しています。
「百聞は一見にしかず」と言います。ぜひ無料体験会や無料勉強会にご参加ください。一緒に快適な暮らし方について考えましょう。

 
- 取材協力 -
SUNRISE株式会社
代表取締役社長
田中 英光 氏
https://www.sunrise-arc.co.jp/

年に1回しか会わないのなら、
30年も余命1ヶ月も同じ。親孝行、しよう。

親子の老後に安心したい方へ

関連記事

湿気 は住まいと健康の害敵

暮らしの中で、「 湿気 」を不快に思われる方は多いのではないでしょうか。そして、湿気に困った経験をお持ちの方も大勢いらっしゃると思います。そこで、住まいにおける「湿気の原…