【クリーニング店直伝】ダウンジャケット のお手入れ方法

  1. 暮らし

【クリーニング店直伝】ダウンジャケット のお手入れ方法

オシャレで暖かいダウンジャケット。しかしお手入れが難しく、「購入当時と比べてフワフワ感がなくなった」「ペチャンコになった」などの声が多数あるのも事実です。どうすればダウンジャケットは長持ちするのか。「ダウンジャケットのお手入れ方法」について、ラッコのマークでおなじみのクリーニングの巴屋さんに伺ってきました。

▼目次
1.まずは洗濯ラベルをチェック
2.よくあるトラブル
2-1.【Q&A】自分で洗ったら、ふわふわ感がなくなった
2-2.【Q&A】水で洗ったら、所々にシミができた
3.ダウンのお勧めお手入れ方法

ダウンジャケット

1.まずは洗濯ラベルをチェック

全ての衣類に共通して言えますが、まずは洗濯ラベルを確認してください。
平成28年12月1日に、ラベルの表示法が変わりました。「P」と「F」のマークが、新しい「ドライクリーニング」のマークです。それらはドライクリーニングに出しましょう。
※マーク下の線は、処理の強度です。線が多いほど弱い処理が求められています。

2.よくあるトラブル

Q:自分で洗ったら、ふわふわ感がなくなった
A:多くの方が体験するこのトラブル。たいていの場合は乾燥不足です。 しかし、ダウンが均等になるよう丁寧にもみほぐせば、元通りになることもあります。お試しください。

Q:水で洗ったら、所々にシミができた
A:ダウンの汚れは、ダウンの中に蓄積します。そのため、水洗いによって中のダウン素材が綺麗になると、その汚れがダウンの表生地に付着し、シミの原因となる場合があります。ご注意ください。

3.ダウンのお勧めお手入れ方法

ダウンに限らず、コートなどの冬物衣類の汚れは、雨や雪と一緒に染み込むことが大きな原因の一つです。そこでお勧めしたいのが「撥水加工」。中まで汚れが浸透しないように未然に防ぐという考え方です。これは非常に効果的なので、皆さんすぐにお試しください。

最近「何でも自分で洗える」という情報が出回っています。が、その多くは、衣類に対する深い理解があって初めて成功するものばかりです。節約志向も大切ですが、気軽な挑戦は取り返しがつかないことを引き起こします。大切な衣類は、やはりクリーニング専門店にお任せください。

- 取材協力 -
クリーニングの巴屋
松本工場副工場長
平澤 哲哉
http://www.tomoeya-cleaning.com

本、出しました。

当サイトで最も高い閲覧数を誇る「今昔」。
それをさらに掘り下げ、書き下ろしました。

今すぐチェック

関連記事

岩盤温浴 の魅力 ~ 銭湯ーく ~

体内に蓄積された毒を輩出するには、皮脂腺から汗を出す必要があります。しかし、皮脂腺を開くには、マラソンで30キロ、エクササイズで2時間の運動が必要といわれています。日常で…

廃棄物処理 について ~ ごみのはなし ~

知らず知らず、犯罪に手を貸していませんか。例えば、廃棄物。適正な処分を行った場合、それなりの金額が発生します。しかし、極端な安値で、 廃棄物処理 を行う無許可業者もありま…