呼び寄せ高齢者 について考える ~ 心の相続 ~

呼び寄せ高齢者 について考える

~ 心の相続 ~
 
「呼び寄せ高齢者」とは、地方で暮らす親を心配して、都会で仕事をする子供から「一緒、あるいは近くで暮らそう」と呼び寄せられた親のことです。一見すると幸せな家族ですが、実はいいことばかりではありません。実際にこんなことがありました。
 


Aさんは夫に先立たれ、松本市の持ち家で一人暮らしをしていました。しかし、息子のBさん夫婦はそんなAさんが心配で、東京で一緒に暮らすことを提案します。特に義理の娘Cさんが、とても熱心に同居を勧めてきました。「夫は自分の親に最後まで尽くしてくれた。だから自分も義理の母に尽くしたい」。そう思ったそうです。
 
正直、Aさんは乗り気ではありませんでした。が、決心します。それまで暮らしていた家を売却し、東京へ引越して息子夫婦との同居を始めます。安心できる毎日、になるはずでした。が、現実は違いました。息子夫婦は仕事で、孫は学校。見慣れない風景は落ち着かず、話し相手は誰もいない。文字通り孤独な日々が続き、Aさんは友人に長電話ばかりするようになるとうつ気味になり、やがて認知症を発症。結局本人の希望でAさんは信州へ戻ることになり、家は売ってしまっていたので介護施設へ入居しました。
 
決して「呼び寄せ」が悪いわけではありません。この話で「悪」は一つもありません。ただ、家族の優しさが裏目に出ることもあるわけで、だからこそ、私は他の選択肢も知っておくべきだと言いたいのです。例えば、「任意後見契約」と「死後事務委任契約」の二つを締結しておく方法。この二つがあれば、判断能力が低下した際には「任意後見契約」が、死後のお葬式やお墓については「死後事務委任契約」がサポートしてくれます。家族に負担をかけることなく、自立した人生が送れます。
 
ふるさとの親をどう支えるか。
 
残念ながら、その命題に万人共通の正解はありません。しかし、そのヒントは家族の会話に隠れています。優しさだけでは解決できないこともあります。まずは家族でたっぷり会話の時間を設け、何が一番大切で、これから何を大切にしていきたいか。それぞれの想いを共有し、家族の想いをつなげることを始めてみてはいかがですか。

 
- 取材協力 -
蔵エンタープライズ
代表 板倉 富男 氏

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

 
タイトルをクリックすると、関連記事をお楽しみいただけます>
前話 心に猛毒な「不安」は会話で取り除こう
 
① 相続とは承継也
② エンディングノートの在り方
③ 葬儀に関する思いやり
④ 後見人制度で想いを繋げる
⑤ ペットロスを感じるけど、旦那ロスを感じない。どうして?
⑥ 同じお墓に入れない?そんな親子・親族が急増中
⑦ 孤独死と社会構造
⑧ 心の下流老人
⑨ 故人のために、葬儀を二回「死後事務委任契約」だからできること

 

 
※連載小説「幸せのコンパス」絶賛公開中。
http://web-compass.net/2017/07/01/連載小説【第1話】幸せのコンパス/
日向穂志が持つコンパスは、北ではなく、幸せが潜む方角を教えてくれる謎のコンパス。彼はどこでそのコンパスを手に入れたのか。そして、なぜ妻・月子と不仲なのか。フリーペーパー「コンパス」で大人気の連載小説「幸せのコンパス」をお楽しみください。

 
■ フリーペーパー「コンパス」が、手に入る最寄りの場所を 検索 する

 
■定期配本のお知らせ
コンパスは発刊が 3月 / 6月 / 9月 / 12月の末日、季刊誌です。しかし、場所によっては入手しづらいこともあり、コンパスは多数の読者様のご要望にお応えし、定期配本を始めました。配送料 2,000円/年 にて4回お届けします。
定期配本のお申し込みは、コンパス編集部 0263-87-1798 までお電話いただくか お問合せ からご連絡ください。

 

骨壺

「土に還る骨壺」の 誕生秘話と感動のドラマ集 をご覧いただけます

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL