生前贈与を利用した相続税の 節税対策 ~ 相続相談 ~

生前贈与を利用した相続税の 節税対策

~ 弁護士が語る、相続相談のあれこれ ~

 
被相続人から遺産を相続した場合、相続人には「相続税」の支払い義務が発生します。しかし、相続税は思っている以上に高額です。となれば、少しでも相続税を抑える方法がないか気になりますよね。そこで、松本市にある法律事務所「山本法律事務所」の山本弁護士に、相続税の 節税対策 についてお話を伺ってきました。
 
節税対策

◇ 相続税は他人事ではなくなった

平成27年に相続税が大幅に改正され、相続税は「資産家に対する課税」ではなく、「大衆課税」へと変わりました。それに伴い、今までは相続税など無縁だと思っていた人も対象となるケースが頻発。対策すべき人の数は確実に増えています。そこで今回は、生前贈与を利用した相続対策をご紹介します
 

◇ 年間110万円までの贈与は非課税

生前贈与による最も一般的な相続対策は「110万円の基礎控除を利用した毎年の贈与」です。年間110万円までは非課税で贈与を行うことができます。例えば、10年にわたり相続人1人へ毎年110万円を贈与すれば、合計1100万円の財産が無税で移転できます。受贈者を3人に増せば、10年間で3300万円です。このように、早めに相続対策を始めることができれば、とても大きな節税効果が期待できます。
が、とは言っても、この方法は多額の相続財産がある場合や、すぐに相続が発生しそうな場合には効果ではありません。例えば、相続税が最高税率の55%かかる場合に、財産1億円を生前贈与するケースを想定します。年間110万円の贈与だと90年以上かかってしまいますが、年間1000万円の贈与だとわずか10年で終了します。もちろん、年1000万円に対して17.7%の贈与税の負担がありますが、単純に計算しても1億円×(55%−17.7%)=3730万円の節税となります(生前贈与加算の適用がないとした場合)。
 

◇ 生前贈与の注意点

お話ししてきた通り、効果的な生前贈与による対策を講じるには、今相続が起こったら「税額はいくらなのか」「相続税の税率は何%ゾーンになっているのか」を把握することが大切です。また、生前贈与加算の規定により、相続開始前3年以内の贈与については相続税に加算されます。つまり、亡くなる前の3年以内の生前贈与はなかった扱いになります。ただし、その対象に孫は含まれません。相続対策は早い時期から贈与を開始し、生前贈与加算の対象とならない孫などへの贈与を併用することが効果的でしょう。
 
相続税の節税対策は、早くから実施することで節税効果のメリットが受けられるものが多くあります。また、何より早くから相続を考えることは、「争続」を防ぐことにも有効です。私ども弁護士を始めとする専門家に相談するなど、早めの対策をおすすめします 。

 
― 取材協力 ―
山本法律事務所
長野県松本市島立798-1 YSビル102
弁護士 山本 賢一 氏
http://www.yamamoto-lo.jp/

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

 
タイトルをクリックすると、関連記事をお楽しみいただけます>
前話 相続人の一部が生死不明の場合の遺産分割方法

 
① ペットに遺産相続させる方法
② エンディングノートとは
③ 遺言書を書いてみよう
④ マイナス金利で変わる相続対策
⑤ Q&Aで学ぶ相続対策
⑥ 今からでもできる相続税を抑える方法
⑦ Q&Aで学ぶ相続対策2
⑧ 新しい夫婦のかたち「卒婚」について考える
⑨ 夫婦の在り方を見つめ直す「卒婚」を成功させる秘話

 

 
※連載小説「幸せのコンパス」絶賛公開中。第1話は、こちらから
日向穂志が持つコンパスは、北ではなく、幸せが潜む方角を教えてくれる謎のコンパス。彼はどこでそのコンパスを手に入れたのか。そして、なぜ妻・月子と不仲なのか。フリーペーパー「コンパス」で大人気の連載小説「幸せのコンパス」をお楽しみください。

 
■ フリーペーパー「コンパス」設置場所の検索は、こちらをクリック

 
■定期配本のお知らせ
コンパスは発刊が 3月 / 6月 / 9月 / 12月の末日、季刊誌です。上記にて無料で配布しております。しかし、場所によっては入手しづらいこともあり、コンパスは多数の読者様のご要望にお応えし、定期配本を始めました。配送料 2,000円/年 にて4回お届けします。
 
定期配本のお申し込みは、コンパス編集部 0263-87-1798 までお電話いただくかお問合せからご連絡ください。

 

骨壺

「土に還る骨壺」気になる方は、こちらをクリック

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL