家族を語る インテリア ~ ちょっと一息小ネタ集 ~

家族を語る インテリア

~ ちょっと一息小ネタ集 ~

小ネタ集では、身の回りのきになることを取り上げています。今回は、自分だけではなく、親や子供、孫までと、みんなががんばった証を飾るメリットについてご紹介します。

一息

家族を語るインテリア

「こんな資格をとったんだ」
「こんな賞をいただきまして」
あからさまにそう言うと、ひんしゅくを買ってしまうかもしれません。しかし、お部屋に賞状が飾ってあれば話は別です。むしろ、お客様から話題にしてくれます。また、賞状や資格は家族の会話のタネにもなります。
「おじいちゃんは柔道が強かったんだね」
「小学校の作文コンクールで優勝したんだね、すごいね」
そんな会話も、賞状が飾ってあればこそです。一方、小さなお子さんの間では、漢検をはじめ、英検 やそろばんなどの資格取得が人気です。積極的に賞状を披露すれば、きっと本人のやる気もいっそう高まることでしょう。

家族を語る

もちろん、額縁には色々な種類があります。さらに、マット(台紙)の色や形を変えるだけでも雰囲気は大きく変わります。秋からお正月は、人が集まる季節です。寒くて背中を丸める前に、丸まった賞状を筒から出して、アートなインテリア作りに額縁を選びに行きませんか。
このエントリーをはてなブックマークに追加

 
タイトルをクリックすると、関連記事をお楽しみいただけます>
前話 運気アップ / 住みよい環境を探す / 誤って大切な物を捨ててしまう心理 (三本立て)

 

 
※連載小説「幸せのコンパス」絶賛公開中。
http://web-compass.net/2017/07/01/連載小説【第1話】幸せのコンパス/
日向穂志が持つコンパスは、北ではなく、幸せが潜む方角を教えてくれる謎のコンパス。彼はどこでそのコンパスを手に入れたのか。そして、なぜ妻・月子と不仲なのか。フリーペーパー「コンパス」で大人気の連載小説「幸せのコンパス」をお楽しみください。

 
■ フリーペーパー「コンパス」設置場所の検索は、こちらをクリック
 
定期配本のお申し込みは、コンパス編集部 0263-87-1798 までお電話いただくかお問合せからご連絡ください

 

骨壺

「土に還る骨壺」気になる方は、こちらをクリック

 

 ;

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL