知っていますか?正しい「 セーター保管方法 」

知っていますか?正しい「 セーター保管方法 」

セーター保管方法

◇ 1. 素材によっては全く別物

一言でセーターと言っても、その素材は様々です。ウールは水はじきが良く汚れにくい性質を持ちますが、カシミヤは水に弱く、水分が付いた部分はシミになることもあります。一方、アクリルはウールやカシミヤと違って、セーターでも化学繊維のため虫食いの影響を受けません。同じセーターでも素材が違えばこれほど性質が異なります。ですから、当然お手入れ方法も全く異なります。洗濯の際は、必ず洗濯表示を確認してください。
 

◇ 2. セーターは着たら干す

セーターは毛の内部に湿気がたまりがちです。そのため、ウールやカシミヤなどは特に、いきなりクローゼットに入れたりせず、着るたびに日陰で一日ほど干して、湿気を空気中に逃がしましょう。ただ、シャツなどと同じようにハンガーにかけて干してしまうと、伸びてしまうことが多々あります。したがって、干す際は上の写真のように、ひと工夫すると良いでしょう。
 

◇ 3. おしぼりでは服は絶対拭かない

これからの季節は宴会の数も増え、飲食店で鍋などを囲むことも多いと思います。しかし、もしその際、汁などが衣服に飛び散っても、おしぼりで拭くのはやめましょう。飲食店のおしぼりには漂白剤が使われていることが多く、セーターに限らず衣類全般にダメージを与えかねないからです。
 
おしゃれは服を知ることが最も大切です。デザインも大切ですが、どんな素材が使われているかも非常に重要です。水洗い×、ドライクリーニング×、という、一切洗濯ができないものもあります。もちろんこうした衣類も洗濯はできますが、弊社も含め、クリーニング店はお客様にリスクをご理解いただいてからでなければお受けできません。
洗濯はおしゃれの一部です。ぜひ洗濯のことも考えて、素材を考慮して服をご選択ください。

 
- 記事 -
クリーニングの巴屋
松本工場副工場長
平澤 哲哉
ホームページ:https://www.tomoeya-cleaning.com/

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

 
タイトルをクリックすると、関連記事をお楽しみいただけます>
前話 溶かす天才「水」
次話 こうすれば「ダウンジャケット」は長持ちする
 
① 冬服保管4つの鉄則〜洗濯で、春支度~
② クリーニング業界のウラ話①
③ ウェット・クリーニングは、夏の洗濯の大本命
④ 本当にあの洗剤でキレイになるのか ~商品テスト~
⑤ ダウンジャケットのお手入れ方法
⑥ 次の冬に後悔しないための「冬物衣類の保管方法」

 

 
※連載小説「幸せのコンパス」絶賛公開中。第1話は、こちらから
日向穂志が持つコンパスは、北ではなく、幸せが潜む方角を教えてくれる謎のコンパス。彼はどこでそのコンパスを手に入れたのか。そして、なぜ妻・月子と不仲なのか。フリーペーパー「コンパス」で大人気の連載小説「幸せのコンパス」をお楽しみください。

 
■ フリーペーパー「コンパス」設置場所の検索は、こちらをクリック

 
定期配本のお申し込みは、コンパス編集部 0263-87-1798 までお電話いただくかお問合せからご連絡ください。

 

骨壺

「土に還る骨壺」気になる方は、こちらをクリック

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL