ダウンジャケット のお手入れ方法

ダウンジャケット の正しい保管手順

〜クリーニング店が教える!「 ダウンジャケット のお手入れ方法」
 
冬になると、信州では特に重宝するダウンジャケット。とても暖かいのですが、お手入れの難しさがたまにキズ……。そこで今回は、らっこのマークの巴屋さんに「ダウンジャケットのお手入れ方法」について伺ってきました。

ダウンジャケット
 

◇ まずは洗濯ラベルをチェック

全ての衣類に共通して言えますが、まずは洗濯ラベルを確認してください。
平成28年12月1日に、ラベルの表示法が変わりました。「P」と「F」のマークが、新しい「ドライクリーニング」のマークです。それらはドライクリーニングに出しましょう。
※マーク下の線は、処理の強度です。線が多いほど弱い処理が求められています。
 

◇ よくあるトラブル

Q:自分で洗ったら、ふわふわ感がなくなった
A:多くの方が体験するこのトラブル。たいていの場合は乾燥不足です。 しかし、ダウンが均等になるよう丁寧にもみほぐせば、元通りになることもあります。お試しください。

Q:水で洗ったら、所々にシミができた
A:ダウンの汚れは、ダウンの中に蓄積します。そのため、水洗いによって中のダウン素材が綺麗になると、その汚れがダウンの表生地に付着し、シミの原因となる場合があります。ご注意ください。
 

◇ ダウンのお勧めお手入れ方法

ダウンに限らず、コートなどの冬物衣類の汚れは、雨や雪と一緒に染み込むことが大きな原因の一つです。そこでお勧めしたいのが「撥水加工」。中まで汚れが浸透しないように未然に防ぐという考え方です。これは非常に効果的なので、皆さんすぐにお試しください。
最近「何でも自分で洗える」という情報が出回っています。が、その多くは、衣類に対する深い理解があって初めて成功するものばかりです。節約志向も大切ですが、気軽な挑戦は取り返しがつかないことを引き起こします。大切な衣類は、やはりクリーニング専門店にお任せください。

 
- 取材協力 -
クリーニングの巴屋
松本工場副工場長
平澤 哲哉
http://www.tomoeya-cleaning.com

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

 
タイトルをクリックすると、関連記事をお楽しみいただけます>
前話 本当にあの洗剤でキレイになるのか ~商品テスト~
次話 次の冬に後悔しないための「冬物衣類の保管方法」
 
① 冬服保管4つの鉄則〜洗濯で、春支度~
② クリーニング業界のウラ話①
③ ウェット・クリーニングは、夏の洗濯の大本命

 

 
※連載小説「幸せのコンパス」絶賛公開中。第1話は、こちらから
日向穂志が持つコンパスは、北ではなく、幸せが潜む方角を教えてくれる謎のコンパス。彼はどこでそのコンパスを手に入れたのか。そして、なぜ妻・月子と不仲なのか。フリーペーパー「コンパス」で大人気の連載小説「幸せのコンパス」をお楽しみください。

 
■ フリーペーパー「コンパス」設置場所の検索は、こちらをクリック

 
定期配本のお申し込みは、コンパス編集部 0263-87-1798 までお電話いただくかお問合せからご連絡ください。

 

骨壺

「土に還る骨壺」気になる方は、こちらをクリック

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL