ネズミ対策 してますか?冬のネズミにご用心! ~ あなたの知らない害虫・害獣の世界 ~

寒い季節は要注意!暖かさにつられ、家に侵入する ネズミ対策

~あなたの知らない害虫・害獣の世界~
 
屋根裏で音がする、分電盤などにかじった後がある、などネズミが住み着いた痕跡を見つけ、罠をかけたが捕まらない。そんな経験はありませんか。ネズミは警戒心が強く、学習能力も高いため、捕まえることが難しいです。また、下手に退治してしまうと死骸を片付けることになります。とはいえ、ネズミは世界を破滅に向かわせた恐ろしい小動物です。ネズミの気配を感じたのであれば、対策することをおススメします。
 
ネズミ対策

◇ 冬のネズミは恐ろしい

ネズミはその昔、世界を破滅に向かわせた恐ろしい小動物です。そして、そんなねずみは冬になると、人家の暖かさにつられて侵入が増えるそうです。そこで今回は、害虫・害獣駆除の専門家である長野住宅環境有限会社で代表取締役をされています相阪さんにお話を伺ってきました。

 

◇ 病気とネズミ

14世紀に大流行し、世界人口を1億人減少させたと言われるペスト。日本では1926年以降確認はされていませんが、世界的には現在も発展途上国で多くの命を奪っています。そんなペストの元凶であり、鼠咬症、サルモネラ感染症(食中毒)、E型肝炎など、多くの病気の感染源なのがネズミです。そのため、日本は現在でも、厚生労働省を始めとした関係各所がネズミについて色々と警告しています。

 

◇ ネズミの駆除が難しい理由

ペストが大流行した14世紀には、すでに感染源がネズミであることはわかっていました。しかし、基本的にネズミは集団で生活しており、警戒心も強く学習能力も高いので、なかなか罠にかかません。そこで重要となってくるのが「ラットサイン」です。
 
ラットサイン

ラットサインとは、ネズミが通った痕跡です。ネズミは壁に沿って走る習性があるため、部屋の隅に糞や尿が残っていたり、壁に黒い線(ネズミの体汚れ付着)が残ります。もしそれらを発見したら、ネズミがいる可能性大です。すぐに駆除に取りかかりましょう。
 
ラットサイン2

◇ 駆除法

動線を把握したら、粘着シート、毒餌を用いて駆除を進めます。駆除が完了したら、次は除菌です。ネズミの動線上には、先述した病原の元となる糞やノミなどがたくさん落ちています。確実に除菌しましょう。
 
ASCII

ただ、ラットサインは一般の方には「これがそうなの?」という程度らしく、また、駆除にとりかかればネズミの死骸も見ることになります。そのため、検査から除去まで、専門家に一任する方も多くいらっしゃいます。ネズミの放置は、電気コードを噛みちぎられ、停電や火災の原因ともなります。この冬は健康と安全のために、ラットサインがないことを確認してみてはいかがですか。きっと健やかな春が迎えられると思いますよ。

 
- 取材協力 -
長野住宅環境有限会社
代表取締役
相阪 国広 氏
 
住所:長野県長野市川中島町御厨1387-3
電話:026-214-9002

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

 
タイトルをクリックすると、関連記事をお楽しみいただけます>
前話 ウイルス対策には、手洗いだけでなく、空間も洗いませんか。 ~ 弱アルカリで健康生活 ~
次話 農作物や芝生を枯らす「モグラ」の退治

 

 
※連載小説「幸せのコンパス」絶賛公開中。第1話は、こちらから
日向穂志が持つコンパスは、北ではなく、幸せが潜む方角を教えてくれる謎のコンパス。彼はどこでそのコンパスを手に入れたのか。そして、なぜ妻・月子と不仲なのか。フリーペーパー「コンパス」で大人気の連載小説「幸せのコンパス」をお楽しみください。

 
■ フリーペーパー「コンパス」設置場所の検索は、こちらをクリック

 
■定期配本のお知らせ
コンパスは発刊が 3月 / 6月 / 9月 / 12月の末日、季刊誌です。上記にて無料で配布しております。しかし、場所によっては入手しづらいこともあり、コンパスは多数の読者様のご要望にお応えし、定期配本を始めました。配送料 2,000円/年 にて4回お届けします。
 
定期配本のお申し込みは、コンパス編集部 0263-87-1798 までお電話いただくかお問合せからご連絡ください。

 

骨壺

「土に還る骨壺」気になる方は、こちらをクリック

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL