片付けの極意⁉思い出の品は、仕舞うより飾るべき?

  1. 住まい

仕舞うより飾りましょう

長生きすればするほど、最後は一人になることが多くなります。ですから、募る不安を和らげるには、元気なうちに色々と段取りをしておくことが大切です。
 
片付け


特に「物の片付け」は大切です。というのも、最近、遺品整理やお一人様のお片付けのご依頼がとても増えているのですが、大抵どれをどうしたら良いのかわからないようで、途方にくれる方ばかりなのです。
 
そうならないためにも、まずはみんなが元気なうちから、部屋に思い出の品を飾りましょう。段ボールや倉庫にしまったりせず、目の届く所へ置いてみましょう。そして、置ききれない物が出てきたら、それは処分する対象として考えましょう。
 
大切にしまっておくことは、思い出を大切にすることではありません。また、残された人が大切な人の物を処分するのはとても大変そうです。ぜひ皆さんお元気なうちに、もっと思い出に囲まれながら、少しずつ片付けに取り組んでみてください。

 
- 取材協力 -
株式会社 トータルサポート優
監物 良裕
TEL:0263-53-4190

年に1回しか会わないのなら、
30年も余命1ヶ月も同じ。親孝行、しよう。

親子の老後に安心したい方へ

関連記事

より良いお住まい を求めて

二世帯住宅には生活費の削減や家族間の絆の深まりなど、様々なメリットがあります。しかし一方で、デメリットがあるのも事実です。では、「 より良いお住まい 」とはどんなものなの…

人生100年、住まいの寿命は何年?

人生100年時代と言われる現代では、住まいの寿命が何年かご存知ですか。また、住まいの寿命を延ばすために必要な手段をご存知ですか。ここでは、そんな住まいの寿命について、地元…