Q&A で学ぶ相続対策 ~ 相続相談 ~

Q&A で学ぶ相続対策

~ 弁護士が語る、相続相談のあれこれ ~

 
今回は、山本弁護士がしばしば受ける相談について、事例形式のQ&Aで解説してもらいました。
 
Q&A

Q:父(82歳)と同居してその世話をしている長男の私に、父は全財産を相続させたいと言っています。が、多少認知症の疑いがあります。この場合、父に遺言書を書いてもらっても、この遺言書は有効でしょうか。

〈ポイント1〉この場合、お父様に遺言能力(意思能力)があるか否かが問題です。遺言能力で一番の問題点は、高齢者の方で認知症が進行し、遺言時に意思能力が存在したかどうかです。
〈ポイント2〉自筆証書遺言の場合は、自ら遺言内容を自書することを要するので、裁判例でも、一般にその内容が合理的で理解可能なものであれば有効とされる傾向にあるようです。なお、自筆証書遺言の場合、意思能力の判断資料として、付言事項で遺言における財産の分配方法について理由などを書くことをお勧めします。
〈ポイント3〉公正証書遺言の場合は、遺言者は公証人に口授するだけで自らは自書しません。そのため、遺言者の死後、遺言当時に意思能力が存在したかどうかについて裁判で争われるケースが散見されます。そこで、認知症が疑われるケースでは、公証人は必ず事前に遺言者と面会し、意思能力の有無を確認したり、担当医師の意見を聞いたり、診断書の提出を求めたりして、意思能力の有無を判断しています。
 

- Answer

まずは医師の診察を受け、遺言能力の有無の判断を仰いだ上で、お父様に遺言書を書いていただくことをお勧めします。なお、この場合、できるだけ「公正証書遺言」をお勧めしますが、「自筆証書遺言」のときは、上記のとおり付言事項で遺言における財産の分配方法についての理由などを書くと良いでしょう。
 

Q:父がなくなったので銀行預金の名義書換の手続きをしたいのですが、どうすればよいですか。

 

- Answer

銀行等の金融機関では、通常「相続手続依頼書」が用意されていますので、これに相続人全員が署名押印(実印で印鑑証明書付き)する必要があります。そのほか、被相続人や相続人の戸籍謄本、除籍謄本等も必要となります。被相続人の預金は、名義書換の方法ではなく、解約払戻し後に相続人の預金口座に振込するか、現金で受け取ることになるようです。

 
― 取材協力 ―
山本法律事務所
弁護士 山本 賢一 氏
http://www.yamamoto-lo.jp/

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

 
タイトルをクリックすると、関連記事をお楽しみいただけます>
前話 マイナス金利で変わる相続対策
次話 今からでもできる相続税を抑える方法

 
① ペットに遺産相続させる方法
② エンディングノートとは
③ 遺言書を書いてみよう

 

 
※連載小説「幸せのコンパス」絶賛公開中。第1話は、こちらから
日向穂志が持つコンパスは、北ではなく、幸せが潜む方角を教えてくれる謎のコンパス。彼はどこでそのコンパスを手に入れたのか。そして、なぜ妻・月子と不仲なのか。フリーペーパー「コンパス」で大人気の連載小説「幸せのコンパス」をお楽しみください。

 
■ フリーペーパー「コンパス」設置場所の検索は、こちらをクリック

 
■定期配本のお知らせ
コンパスは発刊が 3月 / 6月 / 9月 / 12月の末日、季刊誌です。上記にて無料で配布しております。しかし、場所によっては入手しづらいこともあり、コンパスは多数の読者様のご要望にお応えし、定期配本を始めました。配送料 2,000円/年 にて4回お届けします。
 
定期配本のお申し込みは、コンパス編集部 0263-87-1798 までお電話いただくかお問合せからご連絡ください。

 

骨壺

「土に還る骨壺」気になる方は、こちらをクリック

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL