商品テスト ~ 本当にあの洗剤でキレイになるのか ~

商品テスト

~ 本当にあの洗剤でキレイになるのか ~
 
最近人気の、お洒落着用洗剤やドライマークが洗える洗剤。今回は巴屋さんの協力を得てそうした商品の洗浄力を調査。正しいドライマーク衣類の洗い方を検証してきました。

商品テスト


麻やレーヨン、ウール素材の衣類には、たいてい「水洗い×」(図1)の表記を見かます。水で洗うと型崩れや縮み、色落ちの可能性が高いからです。したがって、このような衣類にはドライクリーニングをお勧めします。

Adobe Photoshop PDF
 

◇ ドライクリーニングとは

ドライクリーニングとは、水を使わず有機溶剤(特殊な油)を使う洗濯方法です。
型崩れの心配がなく、人間の皮脂汚れや排気ガスによる汚れ、機械油などの油汚れにも効果的です。ただ、水を使わないため、汗や雨、調味料など水溶性の汚れにはあまり期待できません。

 

◇ ウェットクリーニングとは

そこでお勧めしたいのが、ドライクリーニングにウェットクリーニングを追加することです。
ウェットクリーニングとは、本来ドライクリーニングするべき衣類を、縮みや型崩れを起こさないよう特殊な技術で水洗いする洗濯方法です。非常に高い技術力を要するので、クリーニング店によっては取り扱いがないかもしれません。が、夏物衣類には一番お勧めの洗濯方法です。

 

◇ その洗剤、大丈夫?

最近、「ドライクリーニングに出すべき衣類が家庭で洗える」と謳う洗剤が流通しています。割と高額なこともあって、「実際どうなの?」という質問は弊社でも後を絶ちません。そこで、このたび外部の調査会社に依頼して、
商品テストを実施しました。
 
結果は、図2の通りです。

Adobe Photoshop PDF
 
そろそろ夏物をしまう頃かと思います。素材や愛着度を考慮して、検査結果を参考の上、是非正しい洗濯方法を選択の上、来夏もお気に入りの服が着れるよう保管してください。

 
- 取材協力 -
クリーニングの巴屋
松本工場副工場長
平澤 哲哉
http://www.tomoeya-cleaning.com

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

 
タイトルをクリックすると、関連記事をお楽しみいただけます>
前話 ウェット・クリーニングは、夏の洗濯の大本命
次話 ダウンジャケットのお手入れ方法
 
① 冬服保管4つの鉄則〜洗濯で、春支度~
② クリーニング業界のウラ話①

 

 
※連載小説「幸せのコンパス」絶賛公開中。第1話は、こちらから
日向穂志が持つコンパスは、北ではなく、幸せが潜む方角を教えてくれる謎のコンパス。彼はどこでそのコンパスを手に入れたのか。そして、なぜ妻・月子と不仲なのか。フリーペーパー「コンパス」で大人気の連載小説「幸せのコンパス」をお楽しみください。

 
■ フリーペーパー「コンパス」設置場所の検索は、こちらをクリック

 
定期配本のお申し込みは、コンパス編集部 0263-87-1798 までお電話いただくかお問合せからご連絡ください。

 

骨壺

「土に還る骨壺」気になる方は、こちらをクリック

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL