相続とは 承継 であり、先祖からの精神のバトンリレーである ~ 心の相続 ~

相続とは 承継 であり、先祖からの精神のバトンリレーである

 
承継 遺言書

◇「相続とは、権利義務の継承である」

この言葉には深い意味が一つあります。皆さんはおわかりでしょうか。答えは「継承」という言葉です。相続とは「継ぐことを承る」ものではありません。「相続放棄」という言葉から、「財産を継ぐことを承る・承らない」と思われがちですが、そうではありません。正しくは「承継」です。相続とはすなわち「承継」するものであり、先祖の精神や供養を「まず」承って「それから」継ぐものなのです。しかしどうでしょう。悲しいかな、相続におけるほとんどの日本人は、財産というカタチを「継承」するだけです。だから、相続での争い(いわゆる争続)が起こります。そして承継しなかったばかりに、今日もどこかで争続が起きています。そうです。継承は争続の原因なのです。そもそも、仏壇や仏具、お墓などの祭祀財産が、なぜ相続に対して非課税なのでしょう。それは日本の相続における大前提が、先祖代々の精神を受け継ぐことにあり、それをまず承る点にあるからだと(法的見解は別にあるとして)私は思います。
 
相続で一番大切なのは「心の相続」です。先祖への感謝や精神が受け継がれていなければ、相続には何の意味もありません。あなたが今ここにいるのは父母のおかげです。父母がいたのは祖父母のおかげです。相続とは、命と精神のバトンリレーです。そして、相続というバトンリレーを永遠に正しく続けるためには、承継が必要不可欠なのです。
 
承継

四年後には東京五輪が再び開催されます。1964年の聖火リレーでは、「火」というカタチだけを継承したものではなく、オリンピックの精神を承継したものでした。2020年の東京五輪も、是非そうあってほしいと思います。と同時に、日本における相続も、「財産」というカタチだけを継承するのではなく、先祖への感謝や精神をまず承継するものであってほしい。そう私は、心の底より願う次第です。

 
- 取材協力 -
蔵エンタープライズ
代表 板倉 富男 氏

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

 
タイトルをクリックすると、関連記事をお楽しみいただけます>
次話 エンディングノートの在り方

 

 
※連載小説「幸せのコンパス」絶賛公開中。第1話は、こちらから
日向穂志が持つコンパスは、北ではなく、幸せが潜む方角を教えてくれる謎のコンパス。彼はどこでそのコンパスを手に入れたのか。そして、なぜ妻・月子と不仲なのか。フリーペーパー「コンパス」で大人気の連載小説「幸せのコンパス」をお楽しみください。

 
■ フリーペーパー「コンパス」設置場所の検索は、こちらをクリック

 
■定期配本のお知らせ
コンパスは発刊が 3月 / 6月 / 9月 / 12月の末日、季刊誌です。上記にて無料で配布しております。しかし、場所によっては入手しづらいこともあり、コンパスは多数の読者様のご要望にお応えし、定期配本を始めました。配送料 2,000円/年 にて4回お届けします。
 
定期配本のお申し込みは、コンパス編集部 0263-87-1798 までお電話いただくかお問合せからご連絡ください。

 

骨壺

「土に還る骨壺」気になる方は、こちらをクリック

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL