歳をとればとるほど若返る?自撮りが効果的な「3つの理由」

  1. コラム

【若返り術】歳をとればとるほど若返る?
自撮りで人が若返る3つの理由

若返り。これは誰にとっても永遠のテーマです。そんな永遠のテーマについて、質問(なぞなぞ)です。歳をとればとるほど若返るものはなあに?
わからない方は、童心に帰るつもりで昔のアルバムを引っ張り出してみてください。きっと正解が見つかります。

▼目次
1.心の働きで若返る
2.お洒落で若返る
3.共有して若返る

クイズ

歳をとればとるほど若返るものはなあに?
このなぞなぞの答えは「写真」です。歳を取れば取るほど、写真は若返ってみえます。四十代と五十代では、自分が二十代の頃の同じ写真を見ても受け取る感覚は違います。しかし、このなぞなぞには若返りのヒントが隠されています。
何か。
自分を撮影することの大切さです。
若返り

1.心の働きで若返る

自撮りとは、スマートフォンなどを使って自分で自分を撮影することです。以前は、他人にカメラを渡して撮影をお願いしていましたが、最近は自分の手にスマホを持って、自分で自分を撮ります。例えば、「ここに来たよ」の意味をこめて、風景に自分を映りこませたり、「いま楽しんでいるよ」との意味を込めて、宴会中の様子に自分を映りこませたり。もちろん自分を写すわけですから、きれいに撮りたいのは当たり前です。実際そういう人は多数いて、「自撮りのテクニック集」なる本も出版されています。
--さて、本題。
なぜ自分の写真を撮ることが若返りにつながるのか。それは先ほどもお話したように、自分をきれいに撮ろうとする精神が働くからです。実は、自分を良く見せようとする心の働きは、若返りに大きく影響するといわれているのです。

2.お洒落で若返る

お洒落をすれば、気分が良くなって自然と元気になり、若返りの効果もある、と色々な方面で実証されています。震災で被害を受けた方たちの避難所へ行って、お化粧をしてあげるボランティアの人もいます。お洒落は自信や満足感を高める効果があるため、気持ちが一気に若返るそうです。そして気持ちの若返りは脳を活性化させるので、自然と心も体も健康的になるというわけです。

3.共有して若返る

撮った写真は、自分で見るだけよりも共有した方が楽しくなります。そこで試していただきたいのが、スマホを使ったSNS。特にフェイスブックは利用人口も多く、実名で登録するため、学生時代の友人に再会するきっかけとなったりしています。

何より、自分の写真を撮ることは若返りに有効です。お洒落をして、いつまでも若々しく、色々な人間と繋がりましょう。

【若返り術】3部作



本、出しました。

当サイトで最も高い閲覧数を誇る「今昔」。
それをさらに掘り下げ、書き下ろしました。

今すぐチェック

関連記事

【軽登山のススメ】雨の山の魅力

雨を嫌う人は、多くいます。雨の山を嫌う人は、とんでもなく多くいます。しかし、雨の山も悪くはありません。ちょっとした過ごし方のコツと、ちょっとした淡い思い出があれば。元山岳…

相澤病院 相澤孝夫先生の「あったまる話」

オリンピック金メダリスト・小平奈緒選手を暖かく迎え入れ、見守り続けたことで改めて日本中から注目された相澤病院の相澤孝夫先生。先生は、一体どのような人生を歩んできたのでしょ…