損をしない年金受給で、 明るい終活 ~ お金のお話 ~

年金の一つである老齢厚生年金には「60歳代前半」と「65歳以降」の2種類あります。しかし、この二つは受給日の繰り下げによる制度が異なります。そして、知らないが故に、大きな損をしてしまうこともあります。 そこで今回は、年金の受給制度について、A and Aの嶋田さんにお話しを伺ってきました。皆さんも 明るい終活 で充実したセカンドライフを送りませんか。

保年金 の実態を知って、明るい終活 ~ お金のお話 ~

日本で暮らすには、最低でも月22万円必要と言われています。その為、セカンドライフを充実させるには年金だけでは不十分となります。ではどうしたら、未来を楽しく安心して生きていけるのか。終活カウンセラー・相続アドバイザー・公的保険アドバイザーでもある、AandAの嶋田さんに 保年金 についてお話しを伺ってきました。