海外から見た日本 とは ~知らないと損をするお金の置き場所~

海外から見た日本 とは

~知らないと損をするお金の置き場所~
 
あるIT関係会社の金融勉強会へ出席するため、3月後半に香港へ行ってきました。私は羽田からでしたが、関西国際空港やセントレア空港からも参加者がおり、総勢で約100人となりました。日本人は投資よりも貯蓄好きなので、資産運用をしている人の割合は14%です。86%の人は預貯金や元本保証のものがほとんど。開催された勉強会では「海外からみた日本」がテーマでした。今回は、その内容をご紹介します。
 
海外から見た日本

◇ 香港で開催された勉強会の概要

日本の借金総額は1,000兆円とも1,500兆円ともいわれています。一方、日本の税収は40兆円~50兆円あり、国家予算は80兆円~90兆円となります。この額では桁数が多くて分かりづらいので、年収500万円の家庭に置き換えてみます。収入は500万円ですが、支出は毎年900万円。毎年400万円不足します。そこで毎年、親戚や友達からお金を借りて、今では借金総額は1億円~1.5億円にのぼります。それでも生活を改めるつもりはないので、今年も400万円借りる予定です。
 
さて、この話を国家に戻して考えると、親戚や友達は、銀行や証券会社、保険会社にあたります。そして、金融機関にお金を預けているのは私たち国民です。ですから、日本が財政破たんすると、私たちのお金はただの紙切れになってしまいます。
 
現在、日本政府の債務総残高は、破綻したギリシャよりも多額です。そして、日本が財政破綻しない保証はありません。そこで、私たちは外貨を保有することで、資産分散することをおススメしている。という話でした。

 

◇ 私も同感。外貨に持ち替えリスク回避

外貨を持つことは為替リスクをはらみます。しかし、日本の財政破綻リスクを回避するための資産分散ですから、この際は考える必要はないと思います。そして、仮に500万円を外貨に替えると47,170ドル(1ドル106円で計算)となります。この時点で日本が財政破綻しても、この米ドルは全く無事ですからリスク回避につながります。さらに、その米ドルをそのまま、アメリカ最大の保険会社の日本法人の保険会社へ預ければ、10年後には63,085ドルと、1.3倍近くまで増える商品があるのです。
 
いずれにせよ、お金は置く場所次第で非常にリスクが高まります。詳しくは毎月の無料セミナーにて解説しています。また、いろいろな海外事情を知りたい方には、香港ツアーもご紹介しています。ぜひお気軽にお問合せください。

 
- 記事 -
エムズFP事務所
代表 村松 郁夫
ホームページ:http://www.nagano-agri.org/

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

 
タイトルをクリックすると、関連記事をお楽しみいただけます>
前話 お金に働いてもらう方法を知ろう
 
① お金を効率よく増やす方法
② 楽して稼ぐ?ラップ口座入門編
③ お金を守るには
④ 年金保険・退職金の受け取り方
⑤ 資産運用成功への秘訣。運用はローリスクがオススメ

 

 
※連載小説「幸せのコンパス」絶賛公開中。第1話は、こちらから
日向穂志が持つコンパスは、北ではなく、幸せが潜む方角を教えてくれる謎のコンパス。彼はどこでそのコンパスを手に入れたのか。そして、なぜ妻・月子と不仲なのか。フリーペーパー「コンパス」で大人気の連載小説「幸せのコンパス」をお楽しみください。

 
■ フリーペーパー「コンパス」設置場所の検索は、こちらをクリック

 
■定期配本のお知らせ
コンパスは発刊が 3月 / 6月 / 9月 / 12月の末日、季刊誌です。上記にて無料で配布しております。しかし、場所によっては入手しづらいこともあり、コンパスは多数の読者様のご要望にお応えし、定期配本を始めました。配送料 2,000円/年 にて4回お届けします。
 
定期配本のお申し込みは、コンパス編集部 0263-87-1798 までお電話いただくかお問合せからご連絡ください。

 

骨壺

「土に還る骨壺」気になる方は、こちらをクリック

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL