人も住まいも手入れ次第で長寿に!そんな 住まいに合わせたリフォーム しませんか。 ~暮らしと住まい~

人も住まいも手入れ次第で長寿に!そんな 住まいに合わせたリフォーム しませんか。

~暮らしと住まい~
 
一言で「リフォーム」と言っても、大規模なものから数時間で終わるものまで、その規模は様々です。また「不便になった」「資材が劣化してきている」「設備が老朽化してきている」など、リフォームをする理由も色々です。そこで今回は、リフォームについて一緒に考えてみたいと思います。
 
住まいに合わせたリフォーム

◇ リフォームの種類

人は長生きするために、様々なメンテナンスを体に施します。一方で、理想に近づくための整形に取り組む方もいます。住まいのリフォームも全く同じです。長く住むための「手入れ」を目的としたリフォームと、より快適に暮らすための「理想の追求」を目的としたリフォームがあります。

 

◇ 効率のよいリフォーム

効率のよいリフォームとは、一つの工事で複数の効果が期待できるリフォームです。例えば結露対策として、今ある窓の内側に、もう一つ窓を取り付ける工事を行うとします。当初の目的は、結露によるカビを防止することでしたが、結果として「断熱性アップ」もしていますし、「防音性アップ」も果たしています。つまり、「手入れ」を目的としたリフォームが、「理想の追求」を兼ねるリフォームにつながったわけです。リフォームにはこのような事例が多くあります。一つのことが気になったら、その改善によりどのような「別」の効果もあるだろうか。そのような視点で見てみれば、ひょっとするとリフォームは、非常にお得なメンテナンスになるかもしれません。

 

◇ 費用や対策はプロに相談

リフォームにかかる費用は小さくないため、しばしば必要最低限で済ませてしまいがちです。しかし、少し別の角度で考えてみると、今後の出費を抑えることができる可能性もあります。ですから、実際にリフォームをお考えの際には、少しでも気になっていることを工務店などにお伝えし、その対策にかかる費用も聞いてみることをお勧めします。 また、福祉住環境コーディネーターが在籍している場合、今後を見据えた改修プランの相談も可能です。福祉住環境コーディネーターとは、高齢者や障がい者に対し、できるだけ自立していきいきと生活できる住環境を提案するアドバイザーです。 医療・福祉・建築について体系的に幅広い知識を持ち、適切な住宅改修プランを提示してくれます。
 
今では無料でリフォームの相談を実施しているところもあります。新しい春がやってきました。そんなタイミングだからこそ、住まいについて考えてみてはいかがですか。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

 
タイトルをクリックすると、関連記事をお楽しみいただけます>
前話 バリアフリーは生活補助と危険回避。「暮らしやすい」はバリアフリーから始めよう
 
① 助成金を用いた信州型住宅リフォームで、快適な暮らしを手に入れよう

 

 
※連載小説「幸せのコンパス」絶賛公開中。第1話は、こちらから
日向穂志が持つコンパスは、北ではなく、幸せが潜む方角を教えてくれる謎のコンパス。彼はどこでそのコンパスを手に入れたのか。そして、なぜ妻・月子と不仲なのか。フリーペーパー「コンパス」で大人気の連載小説「幸せのコンパス」をお楽しみください。

 
■ フリーペーパー「コンパス」設置場所の検索は、こちらをクリック

 
■定期配本のお知らせ
コンパスは発刊が 3月 / 6月 / 9月 / 12月の末日、季刊誌です。上記にて無料で配布しております。しかし、場所によっては入手しづらいこともあり、コンパスは多数の読者様のご要望にお応えし、定期配本を始めました。配送料 2,000円/年 にて4回お届けします。
 
定期配本のお申し込みは、コンパス編集部 0263-87-1798 までお電話いただくかお問合せからご連絡ください。

 

骨壺

「土に還る骨壺」気になる方は、こちらをクリック

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL