介護保険の負担 増!?今後の対策を考える。 ~ 介護のささえ ~

介護保険の負担 増!?今後の対策を考える。

~ 介護のささえ ~

介護保険の負担


来る2018年4月、介護保険法の改正があります。17年前(2000年)に発足した介護保険ですが、3年毎に改正されますので今回が6回目の改正です。詳細は毎回、改正前の3月、ギリギリに決定されますが、現時点で確定していることは「年収340万円以上の世帯は2018年8月より3割負担になる」ということです。この影響について考えてみます。例えば「介護度5」の方。月に使える介護保険サービスは36,065単位です。市町村により若干異なりますが、ここでは分かりやすいように「1単位=10円」とします。そして、36,065単位分全部サービスを使ったとすると、1割負担者では36,065円の負担ですが、2割負担者では72,130円、3割負担者では108,195円の負担となります。介護保険で10万円を超えてしまうと、懸念されるのは利用者の経済的負担であり、必要なサービスにもかかわらずサービス料を制限してしまうことです。2018年8月から3割負担となる方は、全体の3%(12万人程度)と言われていますが、介護保険の財源は減りつつも、介護を必要とする方は増加の一途をたどっています。
 
今の30代から50代の方の中には、介護保険を身近に考えられない方も多いかと思います。私の周りにもそういう方が沢山います。しかし、40代で脳梗塞、末期がん等になり介護保険を使っている方も、私の周りには沢山います。介護は関係ない。そう思っている皆さんも、将来、ご自身やご両親、または配偶者が介護状態になった時にどれくらいお金がかかるのか、どれほどお金の負担ができるのか。早めに考えておくことをお勧めします。
 
ところで、介護を必要とする方(特に認知症の方)の介護は、他の人から見ると介護していることがわかりづらいようです。そのため、介護者は周囲から思わぬ偏見や誤解を受けることがままあります。実際、駅やサービスエリアで異性のトイレに付き添うとき、「周りから変な目で見られて困った」との声が寄せられています。長野県では、介護する人・される人に優しい社会の実現を目指し、一目で介護中であることがわかる「介護マーク」の普及に取り組んでいます。下のマークを見かけたら、ぜひ温かく見守ってください。

kaigomark

- 取材協力 -
株式会社 想礼優(ソレイユ)
代表取締役 小林 匡善 氏
ホームページ:https://www5.hp-ez.com/hp/soleil-co/

このエントリーをはてなブックマークに追加
 
タイトルをクリックすると、関連記事をお楽しみいただけます>
前話 認知症社会へ向けた対策と理解
次話 介護業界から「虐待」を追放するには

 

 
※連載小説「幸せのコンパス」絶賛公開中。
http://web-compass.net/2017/07/01/連載小説【第1話】幸せのコンパス/
日向穂志が持つコンパスは、北ではなく、幸せが潜む方角を教えてくれる謎のコンパス。彼はどこでそのコンパスを手に入れたのか。そして、なぜ妻・月子と不仲なのか。フリーペーパー「コンパス」で大人気の連載小説「幸せのコンパス」をお楽しみください。
 
■ フリーペーパー「コンパス」設置場所の検索は、こちらをクリック
 
定期配本のお申し込みは、コンパス編集部 0263-87-1798 までお電話いただくかお問合せからご連絡ください

 

骨壺

「土に還る骨壺」気になる方は、こちらをクリック

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL