介護サポート を目的とした老人ホームの紹介

介護サポート を目的とした老人ホームの紹介

~ 老人ホームの探し方 ~
 
ゆくゆくは施設に入居したい。あるいは、ゆくゆくは施設へ入居してもらい、安心できる暮らしを送ってほしい。そんな相談が当紹介センターには多く寄せられています。

介護サポート
 

しかし、最近の相談内容で最も多いのは「退院後に家へ戻るのが困難な方」の入居相談です。老人ホーム探しは想像以上に大変です。サービス内容が施設ごとに異なるため、どこが最適なのかもわかりませんし、そもそも何から手をつければよいのか分からない方が大多数です。そこへ来て、退院が迫っている中での老人ホーム探しは、時間的な面からも決して簡単ではありません。
確かに、インターネットにより情報収集は容易になりましたが、その一方で情報量が膨大すぎて、情報をどう取捨選択すべきか困惑する人も増えています。その上、今までは入居に関するお困りごとについて詳細を教えてくれる窓口はなく、入居までの手続きや施設見学をサポートしてくれるサービスもありませんでした。
それでも、介護保険制度が施行される2000年以前は、何も問題はありませんでした。当時は行政が必要と認めた人に対してサービスを提供する「措置制度」が施されていて、利用者は介護施設を選べなかったからです。ところが、介護保険制度の開始に伴い、利用者は施設を選択することが可能になりました。つまり、どの施設へ入居すべきかは、自分たちで考えなければならなくなったのです。
そうした経緯から「信州老人ホーム紹介センター」は誕生しました。が、目的は「老人ホームの紹介」ではありません。屋号こそ「老人ホーム紹介センター」ですが、一番の目的は「介護のサポート」です。したがって、当センターでは「施設への入居が本当に必要なのか」さらには「入居がベストな介護なのか」そこから一緒に考えます。どんな介護が最適なのか。しっかりサポートさせていただきます。是非お気軽にご相談ください。在宅復帰が困難で、お急ぎの方にも対応できます。一緒に介護について考えましょう。

 
- 取材協力 -
信州老人ホーム紹介センター
http://s-roujinhome.com
シニアライフアドバイザー
飯澤 良広 氏

このエントリーをはてなブックマークに追加

 
前話 老人ホームって何?ほとんどの人が勘違いしています
次話 老人ホームの探し方 ~あなたに合う施設選びを、無料相談から始めませんか~

 

 
※新連載小説「幸せのコンパス」はじまりました。
http://web-compass.net/2017/07/01/連載小説【第1話】幸せのコンパス/
日向穂志が持つコンパスは、北ではなく、幸せが潜む方角を教えてくれる謎のコンパス。彼はどこでそのコンパスを手に入れたのか。そして、なぜ妻・月子となぜ不仲なのか。フリーペーパー「コンパス」の新連載小説「幸せのコンパス」の第一話。

 
■ フリーペーパー「コンパス」設置場所はこちら
定期配本のお申し込みは、コンパス編集部 0263-87-1798 までお電話いただくか
お問合せからご連絡ください

 

骨壺

「土に還る骨壺」気になる方はこちらをクリック

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL