ウェット・クリーニング は、夏の洗濯の大本命

ウェット・クリーニング は、夏の洗濯の大本命

ウェット・クリーニング が、とうとう日本にも上陸しました。えっ?ウエットクリーニングをご存じない?それはあまりよろしくありませんね。ウエットクリーニングは国際規格ですよ。では、らっこのマークで同じの巴屋さんに教えてもらいましょう!

ウェット・クリーニング で、夏も清潔

◇ プロが行う三つの洗濯

プロの洗濯は大きく三つに分類できます。
「ランドリー」「ドライクリーニング」「ウェットクリーニング」です。
ランドリーは、水洗いのことです。基本的には叩き洗い方式です。汚れを最も落とします。
ドライクリーニングは、水を使わないクリーニングです。有機溶剤で衣料の形状を変えることなく、油汚れを落とします。
では、ウェットクリーニングとは何でしょう。

 

◇ ウェットクリーニングとは

ウェットクリーニングとは、本来ドライクリーニングをするべき衣類を、特殊な技術を用いて、水を使って洗浄する方法です。国際規格(ISO)では既に規定されており、今年の12月に、日本でも洗濯表示に追記される予定の洗濯方法です。せっかくドライクリーニングに出したのに、久々タンスから取り出したら黄ばんでいた!そんな経験、ありませんか?いわゆる収納黄ばみですが、ドライクリーニングでは黄ばみの原因となる汗の汚れを除去するのは困難です。したがって、ドライクリーニングは黄ばみの予防にはなりません。しかし、ウェットクリーニングなら可能です。ウェットクリーニングは水を使う洗濯だからです。

 

◇ ウェットクリーニングを推奨する衣類

襟、脇、袖などが、肌に直接触れる衣類。汗が付いた衣類。膝や太ももの汗を吸ったズボン類。具体的には、今までドライクリーニングに出していた夏場のスーツやサマーセーター、スカートなどは推奨しています。これからの季節は、白や淡色の衣類を着る機会が多くなります。ドライクリーニングの対象品で汗をかいて濡れてしまったら、黄ばむ前に、なるべく早くウェットクリーニングにお出し下さい。
この夏も爽やなな衣類を着てお出かけしましょう!

 
- 記事 -
クリーニングの巴屋
松本工場副工場長
平澤 哲
http://www.tomoeya-cleaning.com

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

 
タイトルをクリックすると、関連記事をお楽しみいただけます>
前話 クリーニング業界のウラ話①
次話 本当にあの洗剤でキレイになるのか ~商品テスト~
 
① 冬服保管4つの鉄則〜洗濯で、春支度~

 

 
※連載小説「幸せのコンパス」絶賛公開中。第1話は、こちらから
日向穂志が持つコンパスは、北ではなく、幸せが潜む方角を教えてくれる謎のコンパス。彼はどこでそのコンパスを手に入れたのか。そして、なぜ妻・月子と不仲なのか。フリーペーパー「コンパス」で大人気の連載小説「幸せのコンパス」をお楽しみください。

 
■ フリーペーパー「コンパス」設置場所の検索は、こちらをクリック

 
定期配本のお申し込みは、コンパス編集部 0263-87-1798 までお電話いただくかお問合せからご連絡ください。

 

骨壺

「土に還る骨壺」気になる方は、こちらをクリック

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL