クリーニング店直伝!正しい 布団の管理方法

天日干しだけでは汚れは落ちない!
正しい 布団の管理方法

 
異常なほど暑かった今年の夏。多くの方が例年より寝汗をかいたことでしょう。しかし皆さん、それほど汗を吸った布団をどのようにメンテナンスしていますか。まさかほったらかし……なんてことはありませんよね?そこで今回は、クリーニングの巴屋さんに布団の正しい管理の仕方について教わってきました。
 
布団の管理方法

◇ 洗わない布団は汚い

人はたった一晩の睡眠で、コップ一杯ほどの汗をかきます。ですから、布団を乾燥させるためにも天日干しは非常に大切です。が、それだけでは不十分です。例えば、汗をたっぷり吸った肌着は、干しただけでは綺麗になりません。布団もそれと同じです。当たり前ですが、洗わない布団は汚いのです。
 

◇ 厚労省推奨
  丸洗いは半年に一回

天日干しだけでは不十分な理由は、ダニの問題もあるからです。実は、天日干しではダニはあまり死滅しません。日のあたる表面温度が高くなると、ダニは布団の裏側に移動するからです。ですから、ダニ退治には布団の丸洗いがお勧めです。繊維の間に水を流し、汚れを一斉に洗い流します。また、厚生労働省も旅館などに対し、「布団は半年に一回以上、洗剤液及び水を直接吹きつけるなどして布団の丸洗いを行いましょう」との旨の通達を出しています。ダニのエサとなるフケ・アカ・汗・ダニ・ダニの糞や死骸などは、水溶性の汚れなので水につけこまないと落ちないからです。
 

◇ 思ったより安い?クリーニング集配サービス

布団を洗う。と言っても、自宅では簡単に洗えません。また、近くのコインランドリーに持ち込むのも大変です。そこでご紹介したいのが「クリーニング集配サービス」です。洗濯物を自宅に取りに来てくれて、洗濯が終了したら自宅に持ってきてくれます。金額は業者によって差異はありますが、どこもさほど高くないようです。ちなみに弊社「巴屋クリーニング」なら、キャンペーン期間中は店舗価格と同一商品もあります。
 
今夏は記録的な暑さが続きました。健康で快適な睡眠を得るためにも、ぜひ布団は半年に一度以上、丸洗いを実施してください。また、クリーニング店やコインランドリーには、布団は大きくて重くて持ち込めないという方は、ぜひ外交サービスをご利用ください。安心して色々と質問ができたりもしますよ!

 
- 取材協力 -
クリーニングの巴屋
平澤 哲哉
ホームページ:https://www.tomoeya-cleaning.com/

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

 
タイトルをクリックすると、関連記事をお楽しみいただけます>
前話 着心地を良くする夏の洗濯術
 
① 冬服保管4つの鉄則〜洗濯で、春支度~
② クリーニング業界のウラ話①
③ ウェット・クリーニングは、夏の洗濯の大本命
④ 本当にあの洗剤でキレイになるのか ~商品テスト~
⑤ ダウンジャケットのお手入れ方法
⑥ 次の冬に後悔しないための「冬物衣類の保管方法」
⑦ 溶かす天才「水」
⑧ 知っていますか?正しい「セーター保管方法」
⑨ こうすれば「ダウンジャケット」は長持ちする
⑩ 花粉対策になる洗濯術

 

 
※連載小説「幸せのコンパス」絶賛公開中。
http://web-compass.net/2017/07/01/連載小説【第1話】幸せのコンパス/
日向穂志が持つコンパスは、北ではなく、幸せが潜む方角を教えてくれる謎のコンパス。彼はどこでそのコンパスを手に入れたのか。そして、なぜ妻・月子と不仲なのか。フリーペーパー「コンパス」で大人気の連載小説「幸せのコンパス」をお楽しみください。

 
■ フリーペーパー「コンパス」が、手に入る最寄りの場所を 検索 する

 
■定期配本のお知らせ
コンパスは発刊が 3月 / 6月 / 9月 / 12月の末日、季刊誌です。しかし、場所によっては入手しづらいこともあり、コンパスは多数の読者様のご要望にお応えし、定期配本を始めました。配送料 2,000円/年 にて4回お届けします。
定期配本のお申し込みは、コンパス編集部 0263-87-1798 までお電話いただくか お問合せ からご連絡ください。

 

骨壺

「土に還る骨壺」の 誕生秘話と感動のドラマ集 をご覧いただけます

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL