孤独死 と社会構造 ~ 核家族化が招く切ない現実 ~

孤独死 と社会構造

~ 核家族化が招く切ない現実 ~
 
最近、よく耳にする 孤独死 。ひと昔前までは、あまり聞かなかったのではないでしょうか。では、何が孤独死を招く原因となっているのかご存じでしょうか。自分の身内に限ってそんなことはないから大丈夫。そう思われている方は多いと思います。しかし、いつ何が起こるか分からない現代です。親族だけではなく、ご近所の方々との在り方も大事になってくるのではないでしょうか。

孤独死

 

孤独死とは、誰にも看取られずに死亡することで、警察庁の死因統計上では「変死」に分類されます。孤独死は最近になって急増傾向にあり、年間約3万人とも推計されています。孤独死は本当に切ないものです。ひとりぼっちで寂しく死んでいく……。その悲しみや恐怖もそうですが、しかし亡くなった事実を知らずに生活している家族を思うと、それはそれで言葉にならない感情が湧き上がってきます。仕事で親の死に目に逢えない。それは仕方ないかもしれません。それでも、死後2・3日経過してようやく親の死を知る。そんなことがあって良いのでしょうか。
 
こうした孤独死の増加には、大きく二つの理由があると思います。
一つが、無縁社会です。インターネットの普及や家電製品の進化により、人間は一人で何でもできると錯覚し始めました。
もう一つが、核家族化の問題です。核家族とは、親との別居です。そして、親が二人同時に亡くなることはほぼありませんから、核家族は独居老人を生む生活スタイルとなります。
こうした社会構造を、すぐに変えることは困難です。しかし、私は近所付き合いの在り方を少し変えるだけで、高齢化社会の課題をいくつかは解決できると思っています。
 
しばしば「現代社会では隣近所との関係が稀薄になった」と言われます。しかし、「地域での望ましい付き合い方」を訊ねたところ(内閣府調査:2004年)、「住民全ての間で困ったときに互いに助け合う」と回答した人は36.7%、「気の合う住民の間で困ったときに助け合う」は25.8%と、合わせて6割を超えています。
 
遠くの親類より、近くの他人。
昔からそんな言葉もあるように、もともと日本人は近所付き合いを大切にしてきました。実際、今でも多くの人は、いざというときは近隣関係を頼りにしているのです。是非これを機に、来る高齢化社会に向け、近所付き合いについて考えてみてください。一人ひとりが変われば、きっと社会も変わります。とはいえ、なかなかご近所に、お墓や葬儀、相続の相談はしづらいかと思います。そんな時は私たちを頼ってください。幅広い専門家が、あなたのお悩みにお答えします。

 
― 取材協力 ―
蔵エンタープライズ
代表 板倉 富男 氏

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

 
タイトルをクリックすると、関連記事をお楽しみいただけます>
前話 同じお墓に入れない?そんな親子・親族が急増中
次話 心の下流老人

 
① 相続とは承継也
② エンディングノートの在り方
③ 葬儀に関する思いやり
④ 後見人制度で想いを繋げる
⑤ ペットロスを感じるけど、旦那ロスを感じない。どうして?

 

 
※連載小説「幸せのコンパス」絶賛公開中。第1話は、こちらから
日向穂志が持つコンパスは、北ではなく、幸せが潜む方角を教えてくれる謎のコンパス。彼はどこでそのコンパスを手に入れたのか。そして、なぜ妻・月子と不仲なのか。フリーペーパー「コンパス」で大人気の連載小説「幸せのコンパス」をお楽しみください。

 
■ フリーペーパー「コンパス」設置場所の検索は、こちらをクリック

 
■定期配本のお知らせ
コンパスは発刊が 3月 / 6月 / 9月 / 12月の末日、季刊誌です。上記にて無料で配布しております。しかし、場所によっては入手しづらいこともあり、コンパスは多数の読者様のご要望にお応えし、定期配本を始めました。配送料 2,000円/年 にて4回お届けします。
 
定期配本のお申し込みは、コンパス編集部 0263-87-1798 までお電話いただくかお問合せからご連絡ください。

 

骨壺

「土に還る骨壺」気になる方は、こちらをクリック

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL