家の外より中が怖い 現代

家の外より中が怖い 現代

~ 住まいについて考える ~
 
事故と言えば、20年前なら交通事故を思い浮かべたことでしょう。しかし、平成16年以降は、交通事故死より家庭内事故死の方が多くなり、以降その差は年々広がっています。平成22年の人口動態統計(厚生労働省)を見てみると、家庭における不慮の事故死は約14,000。その内8割以上が65歳以上です。さらに家庭内の不慮の事故死の内訳を見てみると、「転倒・転落」や「(食べ物の誤えんを含む)窒息死」より、「不慮の溺死」が一番多くなっています。

家の外より中が怖い
 

◇ 溺死の原因

溺死の主な原因の一つが、前回お話した「ヒートショック」(医学用語とは異なり、急激な温度変化による血圧急変の意)です。この「ヒートショック」を防ぐには、家全体を温め、家の中の温度差を小さくすることが一番です。高性能な断熱材を使うのも一つの手でしょう。しかし、「気密性」も大切です。せっかく高性能な断熱材を入れても、隙間により気密性が保たれていなければ意味がありません。
 

◇ 隙間を防ぐ

気密は「見えない部分の工事」ですから、トラブルはあるようです。例えば、断熱材のサイズと間柱の寸法が合っていなかったり、断熱材同士に隙間があったり。実際新築のお宅でも、見えない部分の隙間などを計る「気密測定」をしてみると、コンセント部分や床と壁の取り合い部分、配管を通したところなどは数値が低く、隙間があいていることがあるようです。「冷えは万病の元」と言いますが、健康と住まいには密接な関係があります。何より、現代は「ちょっと出かけてくる」より、「さて、風呂に入ってくる」の方が死亡確率が高い時代です。
 
冬は毎年やってきます。将来の健康のためにも、冬は暖かい住まいで暮らされることをおすすめします。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

 
タイトルをクリックすると、関連記事をお楽しみいただけます>
前話 「夏を旨とする家づくり」から「冬を旨とする家づくり」へ
次話 補助金の種類は、非常に多い!
 
① 二世帯住宅のイイところ
② より良い住まいを求めて
③ 家と時間について考える
④ 二世帯住宅を考える

 

 
※連載小説「幸せのコンパス」絶賛公開中。第1話は、こちらから
日向穂志が持つコンパスは、北ではなく、幸せが潜む方角を教えてくれる謎のコンパス。彼はどこでそのコンパスを手に入れたのか。そして、なぜ妻・月子と不仲なのか。フリーペーパー「コンパス」で大人気の連載小説「幸せのコンパス」をお楽しみください。

 
■ フリーペーパー「コンパス」設置場所の検索は、こちらをクリック

 
定期配本のお申し込みは、コンパス編集部 0263-87-1798 までお電話いただくかお問合せからご連絡ください。

 

骨壺

「土に還る骨壺」気になる方は、こちらをクリック

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL