ハナミズキ で花見好き【あの木、この花】

ハナミズキ で花見好きに!

 
長野県でも庭木として人気があり、街路樹にもよく使われている「 ハナミズキ 」。日本原産のヤマボウシと同じ仲間で「アメリカヤマボウシ」とも呼ばれています。そんなハナミズキにまつわるエピソードを、一挙にご紹介!
ハナミズキ

学名 Corunus florida ミズキ科ミズキ属

 

ハナミズキ は元々はアメリカの代表的な花木で、今から約百年前に、日本がアメリカにソメイヨシノを贈った返礼としてアメリカから贈られたのが始まりだと言われています。今は日本でもとてもポピュラーな花木です。長野県でも庭木としてとても人気があり、街路樹にもよく使われています。日本原産のヤマボウシと同じ仲間で「アメリカヤマボウシ」とも呼ばれています。
 
ハナミズキにまつわるエピソードはたくさんあります。例えば、かのアメリカ初代大統領ジョージ・ワシントンが子供の頃、桜の木を切ってそれを正直に言ったらかえって褒められた、との逸話はご存知かと思いますが、ワシントンの子供時代には桜はまだアメリカになく(ワシントンの没年は1799年、桜がアメリカに贈られたのは1912年)、実は切った木はハナミズキだった、との説があるのです。(ただ、この逸話自体の真偽が不明だそうですけど…)
 
庭木としてのハナミズキは、花、実、紅葉と四季を感じられる見所満載の木です。サクラと同じく葉が出るより先、4月から5月頃に花が咲きます。白花と赤花があり、白花の方が赤花よりなぜか成長が少し早いです。秋には赤く紅葉し、さらに赤い実がなります。ヤマボウシの実は食べられますが、ハナミズキの実は残念ながら食べられません。最大樹高10mほどになりますが、生長はやや遅く環境によってはそれほど大きくならないこともあります。それほど剪定の必要もなく丈夫な木ですので庭木としてはとても使いやすいです。ただ、枝が横に広がっていきますので庭に植える場合は建物や隣家から少し離れた場所がよいでしょう。
 
桜の花が散った頃、バトンタッチするかのように咲き始めるハナミズキ。今となっては日本でも春を彩る代表的な花木です。まさにこれから見頃を迎えますのでハナミズキで花見の続きでもいかがでしょうか。

 
次話 ハーブ編

 
- 取材協力 -
株式会社 空間設計sobo
http://k-sobo.com
代表取締役 ガーデンデザイナー 多田 紳也 氏

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 
※新連載小説「幸せのコンパス」はじまりました。
http://web-compass.net/2017/07/01/連載小説【第1話】幸せのコンパス/
日向穂志が持つコンパスは、北ではなく、幸せが潜む方角を教えてくれる謎のコンパス。彼はどこでそのコンパスを手に入れたのか。そして、なぜ妻・月子となぜ不仲なのか。フリーペーパー「コンパス」の新連載小説「幸せのコンパス」の第一話。

 
■ フリーペーパー「コンパス」設置場所はこちら
定期配本のお申し込みは、コンパス編集部 0263-87-1798 までお電話いただくか、お問合せからご連絡ください

 

骨壺

「土に還る骨壺」気になる方はこちらをクリック

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL