冬服保管 4つの鉄則〜洗濯で、春支度 ~

冬服保管 4つの鉄則

〜洗濯で、春支度。 冬服保管 正しくしよう ~

 
冬服の保管に、皆さん自信はありますか?
今回は冬服保管4つの鉄則を、ラッコのマークでおなじみの巴屋クリーニングさんに伺ってきました。

2e0be1386bcce24e6c9f7878e2b0e6fb_m

◇ 1.気温15度は危険

衣服を食べる害虫は、冬は冬眠状態です。が、気温が15度近くになると活発化し始めます。
中信地区では五月で平均気温が15度を越します。したがって、遅くとも四月中には衣替えは済ませましょう。ただ、衣替えを決行する日は、カラッと晴れた日を選ぶべきです。湿度の高い日にやってしまうと、湿気も一緒にしまいこんでしまい、カビの原因になるからです。

 

◇ 2.キレイにする

今は目に見えなくても、後から出てくるシミがあります。汗や食べ物がそうです。また、一回のみ着用のコートやジャケットにも、目に見えない皮脂が付着しています。これらは、気温の上昇とともに汚れが変質し、黄ばみの原因となります。冬服を保管する前は、衣類は必ずキレイに洗い、完全に乾かしましょう。

 

◇ 3.防虫対策は必須

市販の防虫剤はゆっくりガス化して、虫が近づくのを防ぎます。ただ、ガスは空気より重いので、防虫剤は衣類の上に置きましょう。

 

◇ 4.収納場所は素材で決める

収納箱やタンスに衣類を保管する場合は、素材により収納場所を決めましょう。具体的には、カシミアなどのデリケートな衣類は上段に、虫や湿気に弱いウールやポリエステルなどの化学繊維は中段に、綿や麻など洗濯しやすい衣類は下段に、という具合です。理由は、湿気は下に行くほど多くなるからです。とはいえ、冬服はかさばるため、なかなか理想通りに収納できないと思います。
 
そこでご紹介したいのが「クリーニング+保管サービス」です。首都圏ではすでに浸透しつつある、クリーニング店の新しいサービスです。お気に入りの服には、思い出が詰まっていると思います。服を適切な方法で保管して、是非、思い出とともに大切にしてください。

 
- 記事 -
クリーニングの巴屋
http://www.tomoeya-cleaning.com
松本工場副工場長
平澤 哲哉

このエントリーをはてなブックマークに追加

 
次話 クリーニング業界のウラ話① 〜ここまで規定が厳しいとは!

 

 
※新連載小説「幸せのコンパス」はじまりました。
http://web-compass.net/2017/07/01/連載小説【第1話】幸せのコンパス/
日向穂志が持つコンパスは、北ではなく、幸せが潜む方角を教えてくれる謎のコンパス。彼はどこでそのコンパスを手に入れたのか。そして、なぜ妻・月子となぜ不仲なのか。フリーペーパー「コンパス」の新連載小説「幸せのコンパス」の第一話。

 
■ フリーペーパー「コンパス」設置場所はこちら
定期配本のお申し込みは、コンパス編集部 0263-87-1798 までお電話いただくか、お問合せからご連絡ください

 

骨壺

「土に還る骨壺」気になる方はこちらをクリック

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL