2025年問題 これからの介護が進むべき道は

2025年、世界でも類を見ないスーパー高齢化社会が到来します。それが、「 2025年問題 」。介護職員や看護職員の人手不足が確実視されており、介護難民も間違いなく増える一方です。そんな状況下で、私たちにできることは何でしょう。介護施設を運営する小林さんに伺ってきましたーー。