心に猛毒な「不安」は 会話 で取り除こう ~ 心の相続 ~

健康のこと、人間関係のこと、相続のことなど不安を感じることがあるのではないでしょうか。しかし、不安を感じた時、誰かに打ち明けることで、気が楽になった経験は少なからずあるはずです。そう、 会話 が不安をぬぐい去ってくれるのです。不安は心に猛毒と言われます。まずは、身近な人とたわいもない会話から始めてみませんか。

故人のために、葬儀を二回「 死後事務委任契約 」だからできること ~ 心の相続 ~

葬儀を終えた後に遺言書が見つかり、故人が望むお別れができていないことを知ったらどうしますか?大切な人だからこそ、最後の願いを叶えてあげたいですよね。そんな、葬儀や相続について相談を受けている、蔵エンタープライズの板倉さんに「 死後事務委任契約 」についてお話を伺ってきました。

心の 下流老人 ~ 心の相続 ~

定年退職とともに、人との交流が減るケースは多く見受けられます。そして、そのまま孤立してしまうと、心の下流化を招いてしまう恐れがあります。心の下流化は人生の下流化にも繋がります。心の 下流老人 にならないための対策を蔵エンタープライスさんにお話を伺ってきました。

孤独死 と社会構造 ~ 核家族化が招く切ない現実 ~

孤独死 とは、誰にも看取られることなく亡くなることで、最近よく耳にする言葉ではないでしょうか。高齢化社会が進むと同時に、核家族化も進んでおり、その煽りからか、独居老人も増加しています。この社会構造の変化が孤独死の増加に繋がっているのではないでしょうか。

同じお墓に 入れない?そんな親子・親族が急増中

同じお墓に 入れない。入りたくない。最近のお墓事情はめまぐるしく変わって来ています。夫婦で同じお墓に入りたくない。そんな方もいるようですが、それは個人の自由でしょう。しかし、親子で同じお墓に入りたくても入れないのは問題ではないでしょうか。

ペットロス を感じるけど、旦那ロスを感じない。どうして? ~ 心の相続 ~

ペットロス とは、ペットを失い、神的・身体的に症状が起こる疾患や心身の症状のことです。しかし、旦那を失っても、旦那ロスを感じない方が増えているようです。なぜでしょう。その原因は、どうやら会話不足・コミュニケーション不足にあるようですーー。

後見人制度 で想いを繋げる ~ 心の相続 ~

後見人制度 は素晴らしいものです。しかし、後見人契約はご本人の死亡をもって契約終了となるため、ご家族を交えた「死後事務委任契約」も、心の相続には往々にして必要とるケースがあることをご存知ですか。

葬儀 に関する思いやり ~ 心の相続 ~

高齢な方にとって、遠方の 葬儀 は大変です。ですから、負担をかけまいと、あえて葬儀に呼ばない人もいます。一方で、気持ちだけでもと、どうにか香典を送りたという人もいます。今回は、思いやりと思いやりのすれ違いでお悩みだった方のお話を。

エンディングノートの在り方 ~ 心の相続 ~

エンディングノートの在り方 は「生き方ノート」である事と思っています。何故なら、「死に方」は所詮、「生き方」の一部だからです。ですから、楽しくなることをどんどん書いていきましょう。