介護保険制度 の見直しで自己負担が増額?!

平成30年8月に、 介護保険制度 が見直されます。それに伴い、自己負担額が増える方もいるそうです。そこで介護施設を複数運営する小林さんに、新しい制度の解説と、健康なうちからすべきことについて教わってきました。

「 看取り 」について考える ~ 介護のささえ ~

看取り って何をどうすればいいのだろう。そう考えたことはありませんか。ただ、「看取り方」には状況に応じて無数の判断や対応が求められます。ひと昔前までは、死について話し合うことなんてとんでもない。とされてきましたが、時代は移り変わっています。自身のエンディングをどのようにプロデュースするか、家族と話し合う場を設けるのも、絆を深めるいい機会になるのではないでしょうか。

介護業界から「 虐待 」を追放するには ~ 介護のささえ ~

最近、介護施設や障碍者施設での 虐待 による事件が後を絶ちません。では、どうしたら未然に防げるのか。実際に介護施設を運営されている想礼優の小林さんに、現場ではどうのような対策をしているのか、また、「虐待を受けているのでは?」と思われる方を見かけた時の対処法について、お話を伺ってきました。

介護保険の負担 増!?今後の対策を考える。 ~ 介護のささえ ~

介護保険の負担 が2018年4月に改正される介護保険法により、1割から3割に増えます。年収による線引きがあるものの、3割負担となれば、月10万円超えの家庭もでてきます。介護保険の財源が減る一方で、介護を必要とする方が増える現代。事前にすべきことはあるのか、株式会社 想礼優(ソレイユ)の小林さんに伺ってきました。

認知症社会 へ向けた対策と理解 ~ 心の相続 ~

これから進む高齢化社会。そこには、 認知症社会 へも並行して進む可能性もあります。これらの社会に対応していくため、認知症について知り、どのような対策を施していくべきか考えていく必要があります。そして、身近な人がなってからではなく、早い段階から取り組む。そんな気持ちが認知症を遠ざけてくれるのではないでしょうか。

2025年問題 これからの介護が進むべき道は

2025年、世界でも類を見ないスーパー高齢化社会が到来します。それが、「 2025年問題 」。介護職員や看護職員の人手不足が確実視されており、介護難民も間違いなく増える一方です。そんな状況下で、私たちにできることは何でしょう。介護施設を運営する小林さんに伺ってきましたーー。

介護サービス利用の流れ (後編)【介護保険とはvol.03】

大切な方が要介護度に認定されたら、まずはどうすべきか。介護が必要となったとしても、より良い生活を送るにはどうすべきか。など、知っておいて損はないと思います。そこで今回は、 介護サービス利用の流れ についてお話を伺ってきました。

介護制度 について学ぼう【介護保険サービスとはvol.01】

 大切なご家族や友人が突然介護が必要になったら、皆さんはどうしたらよいかご存知ですか?いざという時のために知っておくべきこと、そしていざという時にまずすべきことを、介護施設を運営する小林さんに分かりやすく解説していただきます。今回は、 介護制度 についてお話をいただきました。

関心急増「 お泊まりデイ 」~ 介護のささえ ~

一億総活躍社会の実現に向けた「新・三本の矢」の一つ、「介護離職ゼロ」。その実現に向け行われているサービスの一つ「 お泊まりデイ 」についてお話を伺ってきました。