農作業 でセカンドライフも充実!!信州の自然と戯れる楽しい時間。

定年後の仕事としても人気のある「農作業お手伝いさん」。自然の中で体を動かすため健康的です。その上、農作業を通して、今までとは交わることのなかった仲間とも出会えると評判です。時間を持て余しているかな。と思っている方にオススメです!

自然 とのふれあいから生まれる、新しい出会い ~ 農ライフ、農信州 ~

自然 と私たちの生活をつなげる農業。しかし、従事者の高齢化や跡継ぎ問題など、続けていくことが困難な農家が増えてきています。そんな農家の方を手助けする「農作業お手伝いさん」。実際にお手伝いされている方が想う「農作業の楽しさ」や「出会う楽しさ」など、始めたきっかけとともにご紹介します。

いざ、山の日。 ~「山の日」に込めた願い ~

「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」この趣旨に基づき、今年から8月11日は「山の日」として国民の祝日となりました。
山は、信州のシンボルです。そんな信州に、「山の日」はどんな影響を及ぼすのでしょう。どんな可能性を秘めているのでしょう。そして、私たちは山に何ができるのでしょう。いざ、山の日。

岩盤温浴 の魅力 ~ 銭湯ーく ~

体内に蓄積された毒を輩出するには、皮脂腺から汗を出す必要があります。しかし、皮脂腺を開くには、マラソンで30キロ、エクササイズで2時間の運動が必要といわれています。日常ではほぼ困難な運動量です。ところが、 岩盤温浴 なら効率的に皮脂腺からの発汗が促せることをご存知ですか?

山の日なぜ 【8月11日が祝日になった訳】さあ、山の日

「ずっとここに居たい。去りがたい」上高地の魅力をそう語るのは、務台俊介衆議院議員。「山の日」の祝日化に尽力した、超党派「山の日」制定議員連盟の事務局長です。「 さあ、山の日 」。今回は、そんな務台衆議院議員に、「 山の日なぜ 」のいくつかを伺ってきました。

軽登山 って何?こうすれば、誰でも歩ける「おススメの歩き方」 ~ 軽登山のススメ ~

軽登山 とは?何歳になっても山を登る歩き方とは?元プロ野球監督・野村克也氏の持論も引用しながら、どうすればいくつになっても登山が楽しめるのかを紹介します。

泉質 辞典【単純温泉・放射能泉・硫酸塩泉】〜信州の温泉へ行こう①~

湯につかり、心を満たす。 泉質 を知り、体を癒す。これは、信州の温泉をさらに楽しむ大人のための「泉質辞典」。
今回は「単純温泉(安曇野みさと温泉「ファインビュー室山」)」、「放射能泉(安曇野蝶ヶ岳温泉「ほりでーゆ~四季の郷」)」、「硫酸塩泉(崖の湯温泉「薬師平 茜宿」)」。