二世帯住宅への住み替えを試算 してみよう

「マイホーム」が日本の夢だった昭和時代。しかし、時代が移り変わり平成となった現代では、少子高齢化の影響により核家族化の問題点が露呈。今後の暮らしを考えるにあたり、もっと家族で繋がりを持つべく、二世帯住宅への関心が高まっています。そこで、ある家族構成を例として、 二世帯住宅への住み替えを試算 してみました。

今からでもできる 相続税 を抑える方法 ~ 相続相談 ~

相続税 対策にはいろいろな方法があります。その中には、今からでもできる相続税を抑える方法もあります。財産を守るためにも、事前に相続税について知っておけば、対策の幅は広がります。そこで、山本法律事務所の山本弁護士に相続税を抑える方法について、お話を伺ってきました。

家と時間 について考える

家と時間 の関係は密接です。仕事や子育てから解放されると、これまでとは比べ物にならないぐらい長い時間を自宅で過ごすことになります。だから、今まで気にならなかった点が気になり出したり、長年住み慣れた家へ不便さを感じ始めたりするものです。今回の記事は、そんな方にお役に立つものと思います。

より良いお住まい を求めて

二世帯住宅には生活費の削減や家族間の絆の深まりなど、様々なメリットがあります。しかし一方で、デメリットがあるのも事実です。では、「 より良いお住まい 」とはどんなものなのでしょう。一緒に考えてみませんか。

二世帯同居 世帯別メリット 〜親世代・子世代・孫世代が一緒に住むべき訳〜

二世帯同居 で後悔した。時折そんな話を聞きますが、物事には必ずメリット・デメリットがあります。しかし、最近では経済的理由や介護、教育的な理由などで、二世帯住宅を選択する人は増えています。二世帯同居のメリットを、孫世代・子世代・親世代の三世代に分け、まとめてみました。