葬儀への不安 や迷いは断ち切ろう ~葬儀のカタチ~

葬儀に関する不安は人それぞれだと思います。しかし、大半の人は、参列側の作法は知っていても、葬儀を執り行う側の作法は知らないのではないでしょうか。そこで、冠婚葬祭事業を展開する博善社の宮地さんに、 葬儀への不安 や迷いを断ち切るのに必要な知識について、お話を伺ってきました。

なぜ、 エンディングノートが必要 なのか ~ 葬儀のカタチ ~

どうしても重く受け止められてしまう「エンディングノート」。しかし、思い出話などを書き記せば、自身の生き様を後世へ残す伝記になると思いませんか。このように、考え方一つでエンディングノートは様々な顔を見せます。そこで、冠婚葬祭事業を展開する博善社の宮地さんに「なぜ エンディングノートが必要 なのか」伺ってきました。

エンディングノートは気軽に 始めよう ~ エンディングノートの書き方【総括編】~

エンディングノートは気軽に 始めると色々なことに気付くことができます。特に思いついたことなどを書き綴っていくと、家族の愛の深さや今まで気づいていなかった資産を思い出したり、と小さくとも幸せを感じることもできます。ぜひとも、空いている時間を思い出に浸る時間として使ってみて下さい!

エンディングノートと財産 、そして介護 〜エンディングノートはこう使え!〜

エンディングノートと財産 ・介護の関係はとても密接です。エンディングノートを書くのは、争続を防ぎ、残された家族を守るためでもありますが、実は何より自分のために書くものなのです。自分の積み上げた財産はこうしてほしい。介護はこうしてほしい。そんな要望を書き残すものなのです……口頭では、人は忘れてしまうから。

財産 について書く 〜エンディングノートとはvol.02〜

エンディングノートは家族のためにあると思われていませんか。そんなことはありません。例えば、エンディングノートに 財産 について記載します。記載するためには、財産状況を把握していなければならず、無駄に気付くきっかけとなります。そこで今回は、エンディングノートの書き方(第二話)についてお話を伺ってきました。

エンディングノートとは (なぜ書いた方がいいの?)

エンディングノートとは 何か。そして、その書き方と選び方はどうすればいいのか。今回は、最近よく耳にする終活におけるエンディングノートの役割について、A and Aの嶋田さんにお話しを伺ってきました。

終活 を始めて、お金と暮らしの計画を立てよう

最近、頻繁にメディアで取り上げられている「 終活 」。近年の造語なので確固たる定義はありませんが、一般的には「人生の終焉に向けてもう一度自分を見つめ直し、より自分らしく今を生きるための活動」を意味します。

エンディングノートの在り方 ~ 心の相続 ~

エンディングノートの在り方 は「生き方ノート」である事と思っています。何故なら、「死に方」は所詮、「生き方」の一部だからです。ですから、楽しくなることをどんどん書いていきましょう。

エンディングノート とは ~ 相続相談 ~

「終活」の一部として取り扱われる エンディングノート 。自分らしい人生の幕引きのための準備や資産の所在等を書き記せるため、近年脚光を浴びています。では、エンディングノートを残しておけば、遺言書を作成しなくてもいいのでしょうか。山本弁護士にお話を伺ってきました。

【相続相談】教えて! 遺言書の書き方

遺言書というと一般の方にとって敷居の高いイメージがあるため、いまだ浸透していません。一方、最近では気軽に作成できるエンディングノートを作られている方もいらっしゃいます。しかし、エンディングノートの記載だけでは法的に効力はありません。そこで今回は、 遺言書の書き方 を学びましょう。