遺言書だけでは難しい?!相続で問題になる 遺留分放棄

相続といえば遺言書を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。しかし、遺言書を利用しても問題が生じることもあります。今回は、事業承継を例に 遺留分放棄 について、長野県千曲市出身の弁護士・村松さんにお話を伺ってきました。

教育資金 一括贈与を利用した節税対策(続編)

相続税の節税対策に「 教育資金 一括贈与制度」があることをご存知でしょうか。この制度では、教育資金としての使途によって非課税となる上限額が変わってきます。今回は、そんな教育資金一括贈与制度の活用方法について、山本法律事務所の山本弁護士に教えていただきました。

家族の心 に通ずる遺言を ~ 心の相続 ~

ひと昔前までは、親の後ろ姿や子との日常会話から家族それぞれの想いを汲み取ることができましたが、今では親子が離れて暮らす家族が増え、そのような意思疎通ができずにいるのではないでしょうか。そこで、 家族の心 に通ずる遺言について、蔵エンタープライズの板倉さんにお話を伺いました。

教育資金一括贈与 を利用した相続税の節税対策

節税対策となる「 教育資金一括贈与制度 」をご存知ですか。今回は、その「教育資金一括贈与制度」の仕組みとメリット・デメリットについて山本弁護士に解説をお願いしてきました。

呼び寄せ高齢者 について考える ~ 心の相続 ~

「 呼び寄せ高齢者 」という言葉をご存知ですか?都会で暮らす子供が、地方で暮らす親を心配して「一緒、あるいは近くで暮らそう」と呼び寄せた親のことを指しています。一見、「なんて幸せな」と思えますが、実はいいことばかりではありません。では、どのような事が起こり得るのか、蔵エンタープライズの板倉さんにお話しを伺ってきました。

心に猛毒な「不安」は 会話 で取り除こう ~ 心の相続 ~

健康のこと、人間関係のこと、相続のことなど不安を感じることがあるのではないでしょうか。しかし、不安を感じた時、誰かに打ち明けることで、気が楽になった経験は少なからずあるはずです。そう、 会話 が不安をぬぐい去ってくれるのです。不安は心に猛毒と言われます。まずは、身近な人とたわいもない会話から始めてみませんか。

生前贈与を利用した相続税の 節税対策 ~ 相続相談 ~

「資産家に対する課税」であった相続税が平成27年に改正され、「大衆課税」となりました。そのため、今まで無縁だと思っていた方にも、相続税の支払い義務が発生する可能性があります。では、その場合、相続税を少しでも抑える方法はないのか。山本法律事務所の山本弁護士に、相続税の 節税対策 についてお話を伺ってきました。

故人のために、葬儀を二回「 死後事務委任契約 」だからできること ~ 心の相続 ~

葬儀を終えた後に遺言書が見つかり、故人が望むお別れができていないことを知ったらどうしますか?大切な人だからこそ、最後の願いを叶えてあげたいですよね。そんな、葬儀や相続について相談を受けている、蔵エンタープライズの板倉さんに「 死後事務委任契約 」についてお話を伺ってきました。

心の 下流老人 ~ 心の相続 ~

定年退職とともに、人との交流が減るケースは多く見受けられます。そして、そのまま孤立してしまうと、心の下流化を招いてしまう恐れがあります。心の下流化は人生の下流化にも繋がります。心の 下流老人 にならないための対策を蔵エンタープライスさんにお話を伺ってきました。

生前整理 はいつ始めるべきか

生前整理 という単語を、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。これは遺品整理とは異なり、自分で身の回りのモノや思い出を整理することです。そんな生前整理。いつ始めるべきか。そしてどの様に整理していくべきか。クリーンサービスさんにお聞きしてきました。