介護保険の負担 増!?今後の対策を考える。 ~ 介護のささえ ~

介護保険の負担 が2018年4月に改正される介護保険法により、1割から3割に増えます。年収による線引きがあるものの、3割負担となれば、月10万円超えの家庭もでてきます。介護保険の財源が減る一方で、介護を必要とする方が増える現代。事前にすべきことはあるのか、株式会社 想礼優(ソレイユ)の小林さんに伺ってきました。

老人ホーム紹介 業がなぜ必要なのか ~ 介護について考える ~

情報が溢れている現在。真偽の判断が難しい時代です。そんな中、老人ホーム選びでは、数ある施設の情報を整理し、個人個人にあった施設を探すお手伝いをしてくれる 老人ホーム紹介 業があります。今回は、そんな老人ホーム紹介業の役割と必要性をご紹介します。

認知症の早期発見 をするポイント ~ 介護について考える ~

認知症患者数は増加の一途にあります。予想では、2012年と比べ2025年には患者数が1.5倍まで増えるとされています。しかし、認知症は治らない病気ではありません。早期発見・早期治療により完治することもあります。まずは、自身を含め身近な人に予兆がないか 認知症の早期発見 5つのポイントを当てはめてみませんか。

認知症社会 へ向けた対策と理解 ~ 心の相続 ~

これから進む高齢化社会。そこには、 認知症社会 へも並行して進む可能性もあります。これらの社会に対応していくため、認知症について知り、どのような対策を施していくべきか考えていく必要があります。そして、身近な人がなってからではなく、早い段階から取り組む。そんな気持ちが認知症を遠ざけてくれるのではないでしょうか。

介護サポート を目的とした老人ホームの紹介

老人ホーム紹介センターは、無料で老人ホームを紹介しますが、実は、紹介よりも「 介護サポート 」を第一の目的に運営されているセンターもあります。では、どのような状況から老人ホーム紹介業ができたのかご存じでしょうか。ここでは、そんな老人ホーム紹介業ができるきっかけについてご紹介します。

2025年問題 これからの介護が進むべき道は

2025年、世界でも類を見ないスーパー高齢化社会が到来します。それが、「 2025年問題 」。介護職員や看護職員の人手不足が確実視されており、介護難民も間違いなく増える一方です。そんな状況下で、私たちにできることは何でしょう。介護施設を運営する小林さんに伺ってきましたーー。

老人ホーム って何?ほとんどの人が勘違いしています

老人ホーム という言葉はよく耳にしますが、実はその意味を、多くの人が勘違いしています。あなたは老人ホームが何か、正しく答えられますか。老人ホームに関する相談を無料で承っている、信州老人ホーム紹介センターの飯澤さんに聞いてきましたーー。

介護施設 を無料で紹介(ハローケア信州ってどんな会社?) ~ 介護について考える ~

介護施設 を無料で紹介してくれる「ハローケア信州」。「どのような会社なの」とのご質問を多数いただいたので、今回はそのご質問にお答えします。

老人ホームの探し方

自分に合った「ライフプラン」を相談した上で、どのような介護を受けていくか決めた方が、今後の生活をより豊かにできると思いませんか。そこで今回は、 老人ホームの探し方 についてお話を伺ってきました。

介護サービス利用の流れ (後編)【介護保険とはvol.03】

大切な方が要介護度に認定されたら、まずはどうすべきか。介護が必要となったとしても、より良い生活を送るにはどうすべきか。など、知っておいて損はないと思います。そこで今回は、 介護サービス利用の流れ についてお話を伺ってきました。